桜咲く信州林道ツーリング (WR250F)

今年は、綺麗な桜をゆっくりと見られないままに桜の季節が過ぎ去ってしまったので、Takayanさんと桜前線を追って信州高遠へ行ってきました。

スタートは、いつものように道の駅蔦木宿。
今シーズンは、例年よりも桜の開花が1週間ほど早かったようで、道の駅のソメイヨシノはすでに散ってしまっていました。
高遠と小淵沢の辺りは桜の開花のタイミングがほぼ同じなので、高遠の状況も推して知るべし・・・
f0126932_20321154.jpg


さて、気を取り直して2ヶ月ぶりのダートです!
まずは、金沢林道を駆け上がって芝平峠へ。
今年は暖冬だったこともあって、例年であればこの時期に必ず見かける残雪が全くありませんでした。
f0126932_2037458.jpg


入笠山を越え、ダメ元で黒河内林道のゲートへ行ってみます。
おお、久々にゲートの鍵が開いているではありませんか!
f0126932_20385731.jpg


数年ぶりに走る黒河内林道。
所々に落石があるものの、概ねフラットな路面でした。
f0126932_20274985.jpg


数年前から、伊那側にもゲートが設置されていますが、こちらも通常は施錠されていません。
f0126932_20293115.jpg


南アルプス登山口の仙流荘にて、しばし休憩。
f0126932_20304297.jpg


仙流荘のある場所は、高遠市街から数km南アルプス山中に入ったところですが、こちらの桜もすでに盛りを過ぎてしまっていました。
f0126932_20325047.jpg


そろそろ腹が減ってきたので、先を急ぎます。
市野瀬から林道馬越線で再び山中へ。
f0126932_20345438.jpg


麓からだいぶ上がった辺りでも、すでにカラマツの芽吹きが始まっており、例年よりも半月ほど季節の進みが早い感じでした。
f0126932_20363160.jpg


林道馬越線から、眼下に美和湖を見下ろします。
f0126932_20374455.jpg


そのままT字路を右折して、林道長谷高遠線へ。
甲斐駒ケ岳(左奥)も仙丈ケ岳(右奥)とも、残雪の量は少なめ。
f0126932_20385036.jpg


林道長谷高遠線から高遠市街へと下っていくと、一部、散り残ったタカトオコヒガンザクラを見ることができましたが、あまり期待できない城址公園はパスすることにしました。
ちなみに、楽しみにしていたお昼ですが、いつも行く店が2軒とも満員で、不本意ながらコンビニ弁当で我慢となりました(泣)
f0126932_20403781.jpg


お気に入りの美和湖畔のタカトオコヒガンザクラも、残念ながらご覧のとおり。
f0126932_2043236.jpg


いまいち納得しきれずに辺りをウロウロしていたら、偶然、ソメイヨシノが咲き乱れる場所を見つけることができたので、記念に一枚。
f0126932_20453647.jpg


美和湖から少し標高が高い、山室のタカトオコヒガンザクラ。
こちらは、高遠市街からは1週間ほど開花が遅れるので、ちょうど満開の桜を見ることができました。
f0126932_21383241.jpg


帰りは、市道高嶺線を一気に走り、一部作業道で遊んでから金沢峠へと走り繋ぎました。
f0126932_2138543.jpg


最後に金沢峠の旧道を下っておしまい。
f0126932_21403620.jpg


というわけで、久しぶりの林道ツーリングも無事に終了。
いよいよ、待ちに待ったツーリングシーズンの到来ではありますが、密かに計画していたGWの九州への旅も無くなってしまったし、次はどこへ行くかな・・・
f0126932_21413354.jpg

by naka1md30 | 2016-04-21 21:44 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< チューリップの見納め 無力 >>