ヘレボ日記 (3月5日)

開花が始まったクリスマスローズの株は、花を見られない平日にも、どんどん咲き進んでいます。
すでに花の散り始めた株で種を取らないものは、株の養生のために、片っ端から子房を取り除いておきました。

ウィンターシンフォニーのスレート系苗の初花その1。
昨年に2本購入した苗のうちの1本です。
花型はこちらの株の方が良いですが、普通のブラック花ですね。
f0126932_20443799.jpg


ウィンターシンフォニーのスレート系苗の初花その2。
これまでスレートの花を見たことが無いので、これをスレートと言って良いのか判断がつきかねますが、灰色っぽい面白い花色の花が咲きました。
f0126932_20465784.jpg


先日も紹介した、ウィンターシンフォニーのブラックダブル花。
見れば見るほど、面白い花色で、思わず覗き込まずにはいられません。
f0126932_20484981.jpg


うっすらピンク色の差す、ホワイトダブル。
この株は、開花から3年が経過しているので、花茎が3本に増えて株が充実してきました。
f0126932_20501849.jpg


H.オキシデンタリスの初花。
濃い緑色の花で、香りは全くありません。
また、他の原種と比べると、かなり花茎が大きく育ちます。
f0126932_20514568.jpg


グリーンフィズが、ようやく満開を迎えました。
f0126932_20535885.jpg


先日、絵の具さんからいただいたピンクダブルの株分け株。
そろそろ花も終盤です。
ちなみに、絵の具さん宅では、そのケバ目の花色から、通称バブリーさんと呼ばれているそうです(笑)
f0126932_20533482.jpg


先日も写真を載せた、ライムイエローダブルの花。
苗をいただいた絵の具さんに伺ったところ、上のバブリーさんが片親の株であるとのこと。
花型は似ていますが、こうも花色が変化するものなのかと関心しているところです。
f0126932_20563269.jpg


地植え株の状況もこんな感じ。
今が開花最盛期といったところでしょうか。
f0126932_2059933.jpg


おまけ。
何と!原種系チューリップの開花が始まりました。
この、ビオラセラブラックレースは初めて育てるので、通常の開花期がいつなのかわかりません。
元々、早咲きの品種なのかもしれませんが、いくら何でも3月の頭は早すぎる気が・・・
f0126932_2101974.jpg


もう一鉢、蕾が膨らんでいる株を見つけました。
こちらは、原種系のポリケロマという品種です。
f0126932_2124850.jpg

by naka1md30 | 2016-03-05 21:04 | 庭いじりの話 | Comments(2)
Commented by 絵の具 at 2016-03-06 13:56 x
咲き進むとやっぱりフリルが入ってくるんですね。
姉妹株と似てます。

こちらもクロッカスと新入りの原種系チューリップが咲きました。
そんなに焦らなくてもいいのに。(^^;)
Commented by naka1md30 at 2016-03-06 20:17
並べてみると、やはり親子なんだな~と関心しています。
フリルの入る多弁の形質は結構優性なのかもしれないですね。
クロッカスは元々早咲きですが、チューリップはまだ早すぎる感じがします。
次の週末は、冷え込んで霜が降りそうですし・・・
<< これってゆるキャラ? アジサイの植え替え地獄と春の草... >>