2015 北海道の旅 その2 ~新得町・鹿追町周辺林道ツーリング(前編)~ (WR250F)

8月23日(日)、北海道上陸2日目。
この日から本格的に林道ツーリングを開始しました。
まず一発目は、昨年に走ることができなかった十勝の新得町から鹿追町にかけての林道を走りました。

早朝に糠平温泉を出発して鹿追町の道の駅瓜幕を目指しますが、せっかくなので途中、旧国鉄士幌線第三音更川橋梁に立ち寄ってみました。
有名なタウシュベツ川橋梁へとアプローチする糠平三股林道のゲートが閉鎖されてから久しくなりますが、こちらは国道273号の泉翠橋の上から橋梁の全貌を眺めることができます。
f0126932_20563234.jpg


国道273号泉翠橋の袂に設置されている旧国鉄士幌線第三音更川橋梁の解説です。
f0126932_2125234.jpg



1.パンケニコロベツ林道 : ダート約29km

今回のツーリング一本目の林道は、十勝川流域にあるパンケニコロベツ林道です。
近隣のペンケニコロベツ林道と並んで、北海道のロングダートとして代表的な林道ですね。
自分が走るのは、2001年頃にランクル70で走行した時以来、実に十数年ぶりとなります。
ちなみに、名前のパンケニコロベツは、アイヌ語でパンケ(下流の)・ニコロ(木の生い茂った)・ベツ(川・沢)という意味だそうです。
道道718号忠別清水線の屈足(くったり)側からの入り口にて。道道から入る場合には、大きな変電所が目印となります。
f0126932_211155.jpg


下流側20km以上の区間は、パンケニコロ川沿いを辿るフラットなダートが続きます。
ちょうど路面の整備が入ったばかりなのか、とても走りやすい状態でした。
f0126932_2124246.jpg


パンケニコロ川上流の区間に差し掛かると、次第に山の斜面をトラバース気味に登っていきますが、相変わらず路面はフラットです。
f0126932_21255655.jpg


パンケニコロベツ林道(左手)とシートカチ林道(右手)、そしてペンケニコロベツ林道(手前)の三叉路、奥十勝峠にて。
峠では、愛媛ナンバーのアフリカツインの方にお会いしましたが、この日林道内で他のバイクに会ったのはこの一台だけでした・・・
f0126932_21272855.jpg



2.ペンケニコロベツ林道 : ダート約28km

奥十勝峠から、そのままペンケニコロベツ林道へと突入。
ここは、シートカチ林道からヌプントムラウシ林道を目指したいところですが、WRの航続距離では帰って来られなくなってしまうため、仕方なく断念(泣)
f0126932_21323616.jpg


この日の天気予報は曇りのち晴れのはずでしたが、山へ入るとこんな感じで冷たい小雨がしとしとと降っていました。
f0126932_21344115.jpg


ペンケニコロ川沿いを下っていきますが、こちらの路面もフラットでした。
f0126932_21355222.jpg


道道718号側の出口にて。
この場所は非常にわかりやすく、また、入り口に林道名の表記もなされているので、迷うことなくたどり着けるかと思います。
f0126932_2137013.jpg



3.オソウシ林道~オソウシサラウンナイ林道 : 約18km

お次は十勝川を渡り、新得町屈足から鹿追町のサラウンナイへと抜けるオソウシ林道&オソウシサラウンナイ林道へ。
道道718号忠別清水線からオソウシ温泉までの区間は締まった(というか、カチカチ?)フラットダートが続きます。
f0126932_2324519.jpg


オソウシ温泉を通過し、数百m北上した先にある分岐にて。
正面は、十勝ダム東大雪湖へと抜けるイロネウシ林道、右方向がオソウシサラウンナイ林道です。
f0126932_2345858.jpg


オソウシサラウンナイ林道も全般的にフラットダートですが、途中にいくつかある分岐にだけは注意が必要です。
ちなみに、新得町側から走る場合は鹿追自然ランド又は菅野温泉を、鹿追町側から走る場合はオソウシ温泉を目指せば、それほど迷うことなく反対側へと抜けることができます。
f0126932_2371346.jpg


途中、こんな感じで視界が開ける区間がありますが、この日はあいにくの雨模様・・・
f0126932_23114819.jpg


まだまだ8月の末ですが、北海道の山ではすでに一部紅葉が始まっていました。
f0126932_231377.jpg


新得側の入口から入って約18kmのダートを走り、無事に鹿追町サラウンナイ側の道道1088号然別峡線へと抜けることができました。
f0126932_23141179.jpg


※ 後編へと続く



【2015 北海道の旅】
・ その1 旅立ち
・ その2 新得町・鹿追町周辺林道ツーリング(前編) (WR250F)
・ その3 新得町・鹿追町周辺林道ツーリング(後編) (WR250F)
・ その4 阿寒周辺林道ツーリング(前編) (WR250F)
・ その5 阿寒周辺林道ツーリング(後編) (WR250F)
・ その6 屈斜路湖周辺林道ツーリング (WR250F)
・ その7 林道ツーリング改め、湖巡りの旅
・ その8 ハイエースで行く知床・根室半島巡り
・ その9 標茶から網走経由で上富良野へ
・ その10 旅の終わり
by naka1md30 | 2015-08-31 23:20 | 旅とツーリング | Comments(4)
Commented by ncc1701abcde at 2015-09-01 09:36
おは!
以前はこの変電所の隣だったけ?のGSがあった頃は、この辺探索するには重宝したんですけでね!
Commented by naka1md30 at 2015-09-01 21:02
こんな辺鄙な場所にGSがあったのですか?
自分がはじめて行った十数年前にはすでに畑と草薮しかなかったので、
全く想像ができません(笑)
Commented by ncc1701abcde at 2015-09-02 11:08
おはようございます。

>こんな辺鄙な場所にGSがあったのですか?
確か、アウトドアショップあるでしょ、(以前はなかった)その隣の潰れた商店がそうだったと思います。
初めて北海道行ってはや27年。
あの辺は、今より栄えて?いましたね!
だんだん過疎化が進んでいるんでしょ。

初め行った時は8月末、それでもオートバイだらけ!
いろんな所に観光客も大勢来てましたね。

三国峠もまだ砂利道!!!
どんどん生活環境が良くなり・・・
道もどんどん良くなり・・・
どんどん時間が流れるのが速くなってますね。。。
Commented by naka1md30 at 2015-09-03 07:58
27年前というと、ちょうど北海道内の鉄道路線が次々と廃止された頃ですね。
道は年々良くなっていますが、たしかに町はどんどん寂れている気がします。
街中でもほとんど子どもを見かけないですからね・・・
あと2、30年したら、郊外の部分は無人になってしまい、ますます
ガソリンスタンド探しが難しくなりそうです。
<< 2015 北海道の旅 その3 ... 2015 北海道の旅 その1 ... >>