アジサイの斑入り品種の今

今年は、梅雨の長雨、そして酷暑と、アジサイやクリスマスローズには厳しい日々が続いています。
我が家でもヤマアジサイの株が枯れたり、いつもだったらこの時期には満開になっているタマアジサイの花が傷んでしまって咲き出さないなど、例年には無い状況に、早く普通の秋が来ないかと指折り数えている日々です。
お盆も終り、すっかり咲いている花がなくなってしまったので、アジサイの斑入り品種でも・・・

高知県産の瀬戸の白波。
全面に斑が入ることはなく、このように一部に白い斑がランダムに入ります。
f0126932_0076.jpg


同じく高知県産の中津錦。
f0126932_011922.jpg


高知県産の羽衣の舞の枝変わり品種である羽衣錦。
株の成長はゆっくりです。
f0126932_02264.jpg


愛媛県の井内山系産の井内冠雪。
f0126932_025757.jpg


島根県産の紅冠雪(紅の白雪)。
立秋を過ぎて、新芽の白色が一段と際立ってきています。
f0126932_034372.jpg


斑入り甘茶。
花の時期よりも若干、斑が薄くなっています。
f0126932_05072.jpg


福岡県と大分県の境にある英彦山産の黄冠。
こちらも、晩夏から秋にかけてが斑が一番鮮やかになる季節です。
f0126932_054829.jpg


長野県産のクレナイの枝変わり品種である紅錦。
f0126932_073240.jpg


高知県産の伊野錦の新芽。
一枝だけ、このように真っ白な斑が入っています。
f0126932_083328.jpg


京都府産の芹生時雨。
f0126932_093896.jpg


山口県産の美萩錦。
f0126932_0203126.jpg


静岡県伊豆半島の亀石峠周辺で見つけてきたガクアジサイの斑入り品種。
f0126932_0111688.jpg


クリスマスローズの休眠期も、あと一月ほど。
いよいよ、来年春先の開花時期に向けた準備が始まります。
f0126932_0152674.jpg

by naka1md30 | 2015-08-20 00:17 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< 旅立ち 日向てまり (ヤマアジサイ) >>