福島県南部から栃木県北部にかけてのエゾアジサイ (2015.7.26)

平地では、とうの昔にヤマアジサイやエゾアジサイの花が終わってしまっていますが、福島県と栃木県境の標高1000m~1700mぐらいにかけての山間部では、今がちょうどエゾアジサイの見頃です。
ほんの1ヶ月半ぐらい前に雪が消えたばかりなのに、良く考えてみたら紅葉の季節まであと2ヶ月半。
山の夏は本当に短いです。

まずは、福島県南会津町(旧舘岩村)から栃木県日光市(旧栗山村)にかけての山越えで見かけたエゾアジサイです。
林道の法面いっぱいに群生するエゾアジサイ。
f0126932_21151372.jpg


ガク片の先端が白く抜けるのは、花が傷んでなのか、それとも固定化した形質なのか?
毎年、この状態で咲くとすると面白い花です。
f0126932_21173292.jpg


濃い青色のエゾアジサイはそれほど珍しいものではありませんが、この株の花は一際花色が濃くて、遠くからでも非常に目立っていました。
f0126932_21193078.jpg


ガク片の一部が立って咲いていて、ちょうどヤマアジサイの九重の渦巻を大きくしたような花。
f0126932_21213075.jpg


装飾花が多くて豪華な花。
この澄んだ青色の花を見る度に、さらにアジサイの花に心を奪われていくのです。
f0126932_21232665.jpg


上の花の近くに咲いていた、同じく装飾花が多い花。
この一角には、装飾花が多い花がちらほら咲いていました。
f0126932_21291359.jpg


円弁のすっきりとした印象の花。
ちょうど両性花が咲き始めたところでした。
f0126932_21304752.jpg


装飾花が多くて半テマリの状態で咲いていた花。
この株の花は、全てがこの状態で咲いていたので、固定化した花型のようです。
f0126932_21322251.jpg


ちなみに、福島県と栃木県の県境辺りの山々には、タマアジサイも多く自生しています。
しかしながら、ヤマアジサイは全く見かけないので、ヤマアジサイの自生は無いようです。
f0126932_21345966.jpg


ここからは福島県南会津町(旧伊南村から舘岩村にかけて)のエゾアジサイです。
鋸歯のある細弁花。
f0126932_21334695.jpg


白い絞りが入った花。
この株の花は、全てに同じ絞りが入っていました。
f0126932_21371126.jpg


上の花の近くで咲いていた株の花。
こちらも少しではありますが、一部絞りが入っています。
f0126932_21382754.jpg


鮮やかな桃色で咲いていた株。
遠くからでもはっきりとわかるほど鮮やかな花色でした。
f0126932_21544822.jpg


この桃色花の株はこのような感じで咲いていました。
木が伐採された日当たりの良い斜面下で、水が染み出して湿地帯のようになっていた場所です。
この株が元々桃色花なのか、それとも土の酸性度によるものなのかはわかりませんでした。
f0126932_2140555.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2015-07-29 21:44 | アジサイ写真集 | Comments(2)
Commented by ゆみり at 2015-08-02 10:04 x
おはようございます。
エゾアジサイも、いろいろと変異するのですね!
エゾアジサイをじっくりみたことがないので、一度みてみたいです。
うまく言えませんが、花の青がとても澄んでいるような気がします。
Commented by naka1md30 at 2015-08-02 20:27
青花のヤマアジサイも綺麗ですが、エゾアジサイの青色はまたみずみずしさというか、
澄んだ色をしていて、本当に素晴らしいです。
兵庫県や鳥取県の日本海側のヤマアジサイにもエゾアジサイの雰囲気を持った品種が多くあるようです。
一度、氷ノ山や鉢伏山の自生地を見に行ってみたいところです。
<< 盛夏の福島・栃木県境林道ツーリ... 田代山林道 >>