梅雨の晴れ間の奥秩父林道ツーリング 後編 (WR250F)

6月28日の奥秩父林道ツーリングの後編です。

横尾山林道を抜けて山梨県の北杜市(旧高根町)清里へと下り、北甲斐亭へ。
地元で栽培された蕎麦粉を使った蕎麦とのことで、今回初めて行ってみました。
ちなみに、スタートの中津川渓谷からここまで片道約100km(笑)
f0126932_1402024.jpg


山菜天ざるの大盛りをがっつりといただきました。
とはいえ、この時点で13時半近くなっていたので、ゆっくりしてもいられません。
この後、清里の国道まで出てバイクにも給油してから、再び横尾山林道で元来た道を戻りました。
f0126932_1404040.jpg


横尾山林道の登りから望む、南アルプス北部の山並み。
f0126932_1432435.jpg


鳳凰山(左手前)と残雪の残る北岳(中央奥)。
f0126932_1442740.jpg


アサヨ峰(中央手前)と甲斐駒ヶ岳(右手前)、その奥に仙丈ヶ岳。
f0126932_1454417.jpg


横尾山林道の復路20kmをがっつり走って信州峠へ。
時はすでに15時近く・・・
17時までに中津川林道を抜けなければならないことを考えて、楽しみにしていた川上牧丘林道は断念。
急いで川上村へと下ります。
f0126932_1473434.jpg


川上牧丘林道を走らないとダート走行距離が100kmをわずかに下回ってしまうので、ちょっと寄り道(笑)
f0126932_14225896.jpg


秋山から相木川上林道を13kmほど走りました。
f0126932_14123221.jpg


16時少し前に三国峠を越えて中津川林道へ。
f0126932_14131076.jpg


三国峠から望む奥秩父の名峰、両神山。
f0126932_14134597.jpg


中津川林道の沿道では、所々でヤマアジサイの白い花を見ることができました。
中津川林道は幾度となく走っていますが、ヤマアジサイの花を見たのは今回が初めてです。
f0126932_1415637.jpg


当然、東日本型の白花ですが、ガク片に鋸歯がなく、箱根で見かける株よりもすっきりとした印象の花でした。
f0126932_14163381.jpg


そんなこんなで、日帰り林道ツーリングとしてはいつもよりも多めの約192kmを走り、ダートも約108km走ることができました。
川上牧丘林道を走ることができなかったのは残念ですが、100km以上のダートを走れたので御の字です。
by naka1md30 | 2015-07-04 14:21 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< ヤマユリと黄平戸百合 よさこい踊り (ヤマアジサイ) >>