今日のヤマアジサイ (5月30日)

まだまだヤマアジサイの開花が続きます。
平日は、朝の短い時間だけしか花を見られないので、土日こそはゆっくりと・・・
と思いきや、この土日が出勤となってしまったせいで、ヤマアジサイとゆっくり過ごす時間が台無しに(泣)
f0126932_203321100.jpg


愛媛県産の伊予虹です。
虹系の品種ですが、今年はかなり赤みが強く咲きました。
きれいな花色を出すのはなかなか難しいです。
f0126932_20371269.jpg


同じく、愛媛県産の井内錦。
装飾花の花色は青地に白い絞りが入るのですが、今年の花は白地の部分が多すぎるような・・・
f0126932_20382587.jpg


宮崎県産の押川紅。ヒュウガアジサイの品種です。
咲き始めの白色から、だいぶ赤みを帯びてきました。
f0126932_20401372.jpg


徳島県産の月ヶ谷てまり。
中心に白い両性花が残る半テマリ咲きの花型になります。
f0126932_2041813.jpg


クレナイと並んで花の終盤に赤色へと変化する白花品種の紅額。
ようやく咲き始めたところなので、まだまだ装飾花は真っ白です。
f0126932_20423189.jpg


愛媛県産の紅風車。
本来はもう少し赤みの強い虹色に咲くのですが、今年はかなり青みが強い花色になりました。
f0126932_20441982.jpg


鳥取県の大山産の紫変化です。
かなり色の濃いきれいな青色に咲いています。
f0126932_20463831.jpg


四国産の七人の小人。
淡い青色の小輪の花で、装飾花のガク片が合着する蝶咲きの品種です。
f0126932_20481558.jpg


園芸品種の宵の月。
赤紫色に白い絞りが入ります。
f0126932_20501160.jpg


高知県産の仁尾ヶ内てまり。
ようやく淡い青色に色づいてきました。
この後、テマリ全体が淡い青色一色に染まっていきます。
f0126932_20534411.jpg


大分県産の倉木の光。
青地に白絞りが入る非常に美しい品種です。
f0126932_21162372.jpg


同じく大分県産の倉木美人。我が家では今年が初開花!
倉木の光と同じ倉木山周辺産のヤマアジサイとのこと。
少々くすんだ感じの青紫色に白い絞りが入ります。
f0126932_2055486.jpg


愛媛県産の奏音の星。
きれいな薄桃色の八重咲き品種ですが、用土を酸性へ傾けると青紫色にも咲くことがあります。
f0126932_20562855.jpg


山口県産の長州維新。
装飾花は薄青色の八重で、半テマリ咲きの咲き方をします。
f0126932_20573668.jpg


四国産の天の川。
濃い青色に白い斑が入ります。
同じ四国産の土佐天の川という品種がありますが、それとは別の品種になります。
f0126932_2059403.jpg


高知県産の土佐美鈴。
澄んだ淡い青色が非常にきれいな品種です。
ちなみに、ガク片には時々白い絞りが入ることがあります。
f0126932_2105883.jpg


宮崎県産の日向絞り。
非常に花着きが悪い品種で、我が家に来てから3年目にして、初めて一輪だけ花が咲きました。
f0126932_2131113.jpg


富士山麓産の白花八重咲き品種である白鳥です。
f0126932_2143566.jpg


静岡県の愛鷹山産の白花八重咲き品種である、白富士です。
白鳥にそっくりではありますが、白富士の方がガク片の幅が広く、両性花が脱落する性質があります。
f0126932_2183779.jpg


四国産の白風車。
大輪の装飾花が見事です。
f0126932_2191035.jpg


美栄の花。
大分県九重連山産の八重咲き品種です。
f0126932_211069.jpg


同じく、大分県九重連山産の坊ヶ鶴てまり。
青紫色に赤紫色が入る、虹系の花色をしています。
f0126932_21112464.jpg


さらに大分県九重連山産のヤマアジサイが続きます。
八重咲き品種の坊ヶ鶴の華です。
f0126932_2113417.jpg


徳島県産の名花、藍姫。
この週末にちょうど満開を迎えました。
f0126932_2118266.jpg

by naka1md30 | 2015-05-31 21:19 | 庭いじりの話 | Comments(2)
Commented by ゆみり at 2015-06-01 22:24 x
井内錦、ホントに白が多いですね。絞りすぎ?です(笑)
四国産の淡い青(水色)の花は、どれもとっても優しい色合いですね~。
つくづくそう思います。
土とか気候とか、きっとそれぞれに居た場所の特徴があるのでしょうね。
Commented by naka1md30 at 2015-06-02 07:28
何故にこんなに白いのか?
特段何かをしたわけでもなしに、毎年花が変わるのも面白いのですが、
原因がわからないのがもどかしいです(笑)

花色は、確かに高知や愛媛方面の品種に澄んだ淡い色のものがある反面、
九州方面には少ない気がします。
きっと、長い年月の中でそれぞれ進化したのでしょうね。
<< 初夏の南いわき林道ツーリング ... 春うらら (ヤマアジサイ) >>