今日のヤマアジサイ (5月26日)

今日も、出勤前の30分間だけ、ヤマアジサイの花を楽しみました。
日が高くなる前のまだ薄暗い状態の中で写真を撮ったせいで、実際の見た目よりも青く写っている品種があります。
f0126932_2137839.jpg


ナデシコ弁の蝶咲き品種である、あげは蝶。
f0126932_21402859.jpg


愛媛県産の絞り咲き品種、伊予の青絣。
株も花房もかなり小振りな品種です。
f0126932_2141124.jpg


大分県九重連山産の八重ガク咲き品種、九重八重。
f0126932_21422323.jpg


元祖、八重咲き品種とも言える七段花。
兵庫県の六甲山で発見された品種です。
f0126932_21432035.jpg


七段花と並んで、元祖八重咲き品種である深山八重紫。
京都府産のヤマアジサイです。
f0126932_2144114.jpg


コガクウツギとヤマアジサイの自然交雑種である、酔湖の月。
装飾花が非常に大きな品種です。
f0126932_21455518.jpg


高知県産の白花八重咲き品種、土佐の白御車返し。
装飾花のガク片が不揃いでいびつな花型になります。
f0126932_21471012.jpg


高知県産の土佐天の川。
装飾花が多く、見応えのある花です。
f0126932_21482444.jpg


宮崎県産の日向の青てまり。
あまり花着きの良い品種でなく、育て始めてから3年目にして、ようやく2輪の花を見ることができました。
f0126932_21492883.jpg


高知県産の波しぶき。
同じ絞り咲き品種の伊予絞りに似た花を咲かせますが、伊予絞りよりも全体的に淡い花色をしています。
f0126932_21505548.jpg


愛媛県産の美里てまり。
名前に「てまり」とありますが、装飾花はそれほど多くは無く、一重ガク咲きの花型で咲きます。
f0126932_21522337.jpg


愛媛県の四国カルスト原産の姫草慕情。
昨年と同じ条件で育てたにもかかわらず、今年はなぜか真っ青な花色になってしまいました。
通常は、桃色も入った複雑な複色絞り咲きになります。
f0126932_21534726.jpg


長崎県産の普賢の華。
尖った剣弁と濃い花色が特徴です。
f0126932_21552338.jpg


高知県産の嶺の緑宝。
緑地に、薄赤色と白色の絞りが入る面白い花色の品種です。
f0126932_21562573.jpg

by naka1md30 | 2015-05-26 21:57 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< 土佐の虹絣 (ヤマアジサイ) R1で行く初夏の房総ツーリング... >>