今日のヤマアジサイ (5月22日) その2

昨日に撮影したヤマアジサイの続きです。

高知県産の滝の粧。
装飾花、両性花とも淡い青色で、独特の色合いの花です。
また、装飾花には白い絞りが入ります。
f0126932_18575246.jpg


土佐の遊蝶。
土を特段酸性に傾けたわけでもないのに、今年はかなり青色に咲きました。
f0126932_18595395.jpg


愛媛県産の入野絞り。
青色に絞りが入る品種ですが、赤色が混じり合った複雑な花色をしています。
f0126932_1911472.jpg


同じく愛媛県産の別子てまり。
こちらもまた、薄桃色と薄青色の混じり合った複雑な花色が何とも言えません。
f0126932_192547.jpg


薄紫色の乱れたテマリ咲きの豊後八重。
この後、青色の両性花が咲き始めると、雰囲気が変化します。
f0126932_194998.jpg


大分県産の坊ヶ鶴紫八重。
非常に小輪の八重咲き品種で、きれいな花を咲かせるのがなかなか難しい品種です。
赤軸の葉柄や茎と青色の装飾花の対比が非常にきれいです。
f0126932_1952939.jpg


我が家では今シーズンが初開花となる、夕やけ。
ヤマアジサイとコガクウツギとの交雑種ですが、非常に濃い赤色に咲く品種です。
クレナイ等の花の終盤にガク片が赤色に変化する品種はともかく、地の色でこのように濃い赤色に咲く品種はなかなかありません。
f0126932_1972246.jpg

by naka1md30 | 2015-05-23 19:10 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< 四時川林道にて 三嶺の月 (ヤマアジサイ) >>