ヤマアジサイの新芽いろいろ

この1週間も天候が非常に不安定でした。
先週の雪に続いて雹が降った時にはどうなることかと思いましたが、ヤマアジサイの新芽は順調に育っています。
そんなわけで、斑入り品種を中心に現在の生育状況を載せておきます。

昨年の秋に我が家にやってきて、今年が初開花となる美萩錦。
斑入りの葉だけでなく花も美しいそうなので、今から開花が楽しみです。
f0126932_2057799.jpg


紅錦。クレナイの枝変わり品種です。
紅錦は、写真右下のような斑の無い普通のクレナイに戻ってしまった枝が出てきますが、これを切り取ってしまわないと斑の入った枝が負けて枯れ込みます。
また、中央のように、さらに枝変わりして全面に斑が入った枝も出てきますが、たいていは自然と枯れてしまいます。
f0126932_20585729.jpg


こちらも今年が初開花となる、瀬戸の虹。
中央の全面に斑が入った枝は、遅かれ早かれ枯れてしまうと思われます。
f0126932_2135248.jpg


羽衣の舞の枝変わり品種である、羽衣錦。
安定して斑が入ります。
f0126932_2153160.jpg


この春、羽衣錦の株元から出てきた、さらなる枝変わり。
このまま育ってくれると面白いのですが、たぶん枯れてしまうだろうな・・・
f0126932_2163184.jpg


今日になって気がついた、伊野錦のさらなる枝変わり。
こちらも育ってくれると面白いですが、ほとんど光合成ができないので、枯れてしまう可能性が大ですね。
f0126932_219124.jpg


昨年は、作落ちして花が咲かなかった伊予錦。
今年は咲いてくれそうです。
f0126932_2181412.jpg


斑入甘茶。
春から秋まで、安定して斑が入ります。
f0126932_21113010.jpg


知らないと、もしかして病気じゃないのか?と思ってしまう横浪の光の斑。
横浪の光は、こんな感じであまり目立たない斑が気まぐれに入ります。
f0126932_21122876.jpg


一目でわかる九重山の散斑。
九重山には、霧の三彩という別名もあります。
f0126932_21143040.jpg


特徴的な斑が入る由布残雪。
斑は非常に安定しています。
f0126932_2116393.jpg


新緑のこの季節は、良く見ないと斑がわからない芹生時雨。
この品種の斑が冴えてくるのは、花後から夏にかけてです。
f0126932_21175588.jpg


紅冠雪に至っては、まるで斑など入らないかのように青々としています。
この品種も新芽に斑が入ってくるのは、花が終わってからになります。
f0126932_2119285.jpg


一目でそれとわかる、清澄沢の烏葉。
この葉の色は春に出る新芽だけのもので、花後に出てくる新芽は普通の緑色をしています。
f0126932_21212532.jpg


高知県仁淀川流域産の小町系ヤマアジサイの中で、一際花が綺麗な仁淀小町。
小町系品種の特徴として、葉や茎に生える細かい毛がありますが、この仁淀小町は特に毛深いです(笑)
f0126932_2124631.jpg


今年もコアジサイと開花第一号を競っている奥多摩コアジサイ。
例年通り、GW前には開花が始まりそうです。
f0126932_21271730.jpg


次第に日差しが強くなってきて、葉焼けを起こし始めた株も出てきたので、一部だけでも寒冷紗をかけるか・・・
f0126932_21284176.jpg

by naka1md30 | 2015-04-18 21:30 | 庭いじりの話 | Comments(4)
Commented at 2015-04-18 22:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダイ at 2015-04-18 22:09 x
あれ 非公開に・・・笑
気にしないでください。削除パス忘れました笑
Commented by naka1md30 at 2015-04-19 20:56
こんばんは!
毛深い仁淀小町、個人的には大好きな品種です(笑)
ただ、大きくなって場所を取るのが何とも・・・

それはさておき、小苗のうちから花が咲きやすい品種ですよね・・・
なかなか難しいところではありますが、コガクウツギとの交雑種系は小さいうちからでも
良く花がつく気がします。
ちなみに、株自体が小さく咲いてくれる品種としては、伊予の青絣や木沢の光、姫虹などがあります。
Commented at 2015-04-22 08:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 斑入りガクアジサイの近況 5ヶ月ぶりの伊豆スカ >>