春の房総林道ツーリング 第二弾 (WR250F)

この前の日曜日、3週間ぶりにWRで房総の林道を走ってきました。
春分の日を過ぎた房総の山々は、一段と春らしくなっていました。
先週が見頃だった河津桜の花はすでに散り、いよいよソメイヨシノの開花が目前です。

まずは、林道山中線を走ってウォーミングアップ。
f0126932_2058276.jpg


お次に走った林道大山横尾線では、所々でマメザクラの花が咲いていました。
f0126932_2144231.jpg


このマメザクラは、非常に小輪の桜で、ソメイヨシノや通常のヤマザクラに先駆けて咲き始めます。
静岡県東部から山梨県、神奈川県と千葉県の房総南部に自生している種で、フジザクラやハコネザクラといった名前で呼ばれることもあり、初夏の頃、標高の高い富士山麓や箱根の山々で咲いている姿を見ることができます。
千葉県の房総丘陵では、鹿野山以南の狭い範囲にしか自生しておらず、なぜ浦賀水道を隔てた千葉県側に自生地があるのか、非常に不思議です。
他にもヤマアジサイやクサアジサイ、イワギボウシなどの多くの植物が房総丘陵の南部にだけ自生しており、氷河期の時代に北側から南下してきたのか、それとも三浦半島と房総半島が繋がっていた時代があったのか、何とも興味深いところであります。
f0126932_2155435.jpg


大山横尾の広場にて、少しだけ休憩。
f0126932_21152626.jpg


さらに、林道高山線から柚ノ木線へと一気走り。
所々に水溜りや雨溝が現れますが、本線上では走るのに難儀するような場所はありませんでした。
f0126932_21161360.jpg


林道柚ノ木線出口でUターンして、再び元来た道を林道高山線入口まで戻りました。
f0126932_21185216.jpg


林道柚ノ木線の切通しポイントにて。
f0126932_21201844.jpg


林道柚ノ木線の北側入口付近で見かけた、崖の上のマメザクラ。
通常は白色に近い花色の株が多いマメザクラですが、この株は随分と花色が濃い個体でした。
f0126932_2121149.jpg


一旦、麓で昼飯を食べた後、再び林道大山横尾線から松節線を走って、もみじロード方面へと戻ります。
f0126932_21232670.jpg


林道松節線の脇で見つけたマメザクラ。
こちらは若干気温が高いのか、すでに花が散り始めています。
f0126932_21244911.jpg


ついつい桜や木蓮に目がいってしまいがちですが、この時期の房総は菜の花も見頃を迎えています。
f0126932_21261681.jpg


林道田取線から豊岡線へ。
ちなみに、右奥に見えている尖ったピークは鋸山。
f0126932_21271684.jpg


春分の日を過ぎて一段と日差しが強くなっています。
当然、大気中の水分も多くなっており、真冬のように富士山や浦賀水道の神奈川方面を見ることはできません。
f0126932_21294147.jpg


林道豊岡線から山中線へ。
f0126932_21322677.jpg


普通の林道だけでは面白くないので、嵌らない程度に少しだけ作業道にも入ってみます。
f0126932_21345566.jpg


一旦、もみじロードへ出てから、最後に再び田取線~豊岡線~山中線のループルートを走りました。
f0126932_2136514.jpg


いつもの自販機で一休みして今回のツーリングはおしまい。
貴重な休みなので、明るいうちに撤収開始です(笑)
f0126932_213737100.jpg


おまけ。
代かきが終わり、あとは田植えを待つばかりの水田群。
辺りには、かえるの鳴き声も聞こえ、早くも初夏の雰囲気が漂います。
f0126932_21381855.jpg

by naka1md30 | 2015-03-25 21:40 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< ヤマアジサイとクリスマスローズ... クリスマスローズシーズンの終わ... >>