ヘレボ日記 (3月6日・7日)

ここのところ雨ばかり。
植物にとっては良いことかもしれませんが、自分は仕事が忘れられる土日に雨が降ると、ストレスが溜まって精神衛生上最悪です。

まずは、今日の初花。
原種のH.ムルティフィダス・イストリアクスが咲きました。
昨年に苗を購入してきた株で、昨年の夏以降の生育も非常に順調だったので、開花をずっと待っていた株でした。
澄んだ緑色のガク片が何とも言えず綺麗です。
しかも、何と芳香があります!
f0126932_19375551.jpg


花は非常に小輪で、株姿は山野草そのもの。
自分的には完全にストライクゾーンど真ん中(笑)
f0126932_1942840.jpg


初花その2。
ウィンターシンフォニーのピンクセミダブル×ピンクダブル系苗からの開花です。
綺麗なワインレッドのセミダブルになりました。
ガク片やSD弁の先端には、薄っすらと白覆輪が入っています。
f0126932_19443034.jpg


初花その3。
レモンイエローのダブル花のアシュードオペラです。
ラベルどおりの花ですが、苗から開花まで丸2年かかったので、やはり嬉しいです。
f0126932_1947666.jpg


エレガンスピンクスポット。
今年は開花がかなり遅れました。
f0126932_1949658.jpg


開花2年目の樋口交配アプリコットダブル。
株はなかなか大きくならず、今年の花も小さいですが、昨年と同じ色で咲いてくれました。
f0126932_19494474.jpg


こちらも開花2年目のホワイトダブル。
咲き進むと、ガク片に淡いピンク色の覆輪が入ってきます。
f0126932_195165.jpg


先日も紹介した樋口交配のイエローピコティのセミダブル。
早くも花が終わりを迎えつつあります。
f0126932_19524187.jpg


こちらも、先日紹介した樋口交配のグレープセミダブル。
来年以降、株が充実してからどのように変化していくか、楽しみにしながらまた1年育てます。
f0126932_19533741.jpg


例年は他の株に先駆けて咲くピンクラッフルですが、今年は何と今頃の開花となりました。
昨年と比べると、1ヶ月遅れです。
f0126932_19545273.jpg


おまけ。
気がつけば、放置していたチューリップの鉢にも春の気配が・・・
f0126932_19553542.jpg

by naka1md30 | 2015-03-07 19:57 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< ヘレボ日記 (3月8日) 春の房総林道ツーリング (WR... >>