R1で行く東国三社参り (YZF-R1)

利根川を挟んでそれぞれ千葉県側と茨城県側に鎮座している鹿島神宮と香取神宮。
それぞれを個別に参拝したことはあっても、これまで同時に参拝したことがなかったので、江戸時代に東国三社参りとして一緒に参拝された鹿島神宮、香取神宮、息栖神社の三社をお参りしてきました。

先日取付けたETCを活用して東関道で潮来までひとっ走りし、まずは茨城県鹿嶋市の鹿島神宮へ参拝。
記憶が正しければ、鹿島神宮にお参りするのは実に20年ぶりぐらいになります・・・
ちなみに、写真の大鳥居は昨年に再建されたばかりのもので、以前に建立されていた御影石製の大鳥居は2011年の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震の本震と30分後に発生した余震)で倒壊してしまいました。
f0126932_21103434.jpg


朝の境内はとても厳かな雰囲気でしたが、すでに並ばないと本殿に参拝できないほど混んでいました。
よくよく考えたら、まだ1月半ばですからね~
ちなみに、この鹿島神宮の本殿は、正対して右手(西方向)方向が富士山となりますが、その線をさらに一直線に延ばしていくと、伊勢神宮と天岩戸で有名な宮崎の高千穂へと至るとのこと。
なお、写真右側の楼門にある「鹿島神宮」の扁額は、東郷平八郎元帥の直筆です。
f0126932_21182596.jpg


鹿島神宮の境内にある鹿園前の案内板。
何と、江戸川区の鹿骨は鹿島神宮の神鹿に縁の地名であることを始めて知りました。
f0126932_2123712.jpg


もちろん、奥宮と要石にもお参りしておきます。
写真の奥宮は本殿以上に厳かな雰囲気で、木々の間から差し込む朝日が何とも言えず美しかったです。
f0126932_21264653.jpg


お次は、茨城県神栖市の息栖神社へ参拝。
よく考えてみたら、茨城県神栖市自体を訪れるのも20年ぶりぐらいになるので、自分の中では鹿島郡神栖町というイメージが・・・(笑)
f0126932_21342372.jpg


息栖神社は今回が初めての参拝。
本殿は昭和30年代に焼失してしまったため、現在の本殿は再建とのこと。
f0126932_21361853.jpg


二の鳥居から望む一の鳥居と、その奥に常陸利根川。
この息栖神社は本殿と鳥居を結ぶ線の延長に富士山が位置しているとのことなので、視程が良い時には地平線の上に富士山が見えるのかもしれません。
f0126932_2140369.jpg


こちらが常陸利根川に向かって立っている一の鳥居。
前を流れる常陸利根川は、中世ごろまで内湾になっていて、辺りには霞ヶ浦、北浦、印旛沼、手賀沼を包含する広大な香取海が広がっていました。
江戸時代から昭和40年代に小見川大橋が開通するまでは、船で息栖神社にお参りに来なければならなかったとのことなので、こちらが表玄関口ということになりますね。
f0126932_21422520.jpg


一の鳥居脇にある息栖の津の案内板。
f0126932_21483820.jpg


ちなみに、一の鳥居の両側には井戸があって、かつてこの辺りが海だった頃に真水が湧いていたために忍潮井と呼ばれています。
残念ながら、現在の忍潮井は河川改修工事後に再設置されたものであるようです。
f0126932_21503299.jpg


息栖神社を後にし、小見川大橋で常陸利根川と利根川を渡って千葉県の香取市へ。
かつて一面に香取海が広がっていた遠い昔や、茨城県と千葉県との間に横たわる目に見えない県境が今のように強固ではなかった昭和の時代に思いを馳せながら、地平線の先に聳える筑波山を眺めました。
f0126932_22193867.jpg


最後に千葉県香取市の香取神宮に参拝しましたが、ちょうどお昼を回った時間帯だったこともあって、参道も本殿も大混雑。残念ながら厳かとは程遠い感じでした(泣)
しかも、神前で並んでいる列に割り込みする輩が何人もいたのには唖然・・・何だかな~
それはさておき、香取神宮の本殿は、正対して左側(西方向)の延長線の先が富士山になるとのことです。
f0126932_21531100.jpg


今回は何だかんだで約160km走って、R1のバッテリーもそれなりに充電されたことでしょう(笑)
そろそろ山道が走りたくなってウズウズしてきているので、塩カルの撒かれなくなる春が待ち遠しい今日この頃です。
f0126932_21574468.jpg

by naka1md30 | 2015-01-21 22:02 | 旅とツーリング | Comments(4)
Commented by ベルボトム at 2015-02-04 04:48 x
こんにちは、R1買うと決めてから、こちらのブログで写真みにきてました。2013モデルのこのカラーリングもいいですね。
かっこいい!
USAでもすぐなくなり全然みかけません。


また遊びに来ます。



Commented by naka1md30 at 2015-02-04 22:00
ベルボトムさん
はじめまして!アメリカからのコメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
自分の13は、カナダから日本へ戻ってきた車両ですが、日本では13モデルも14モデルも
ほとんど見かけません(泣)
そちらは、今の季節も山へ走りに行けますか?
こちらは、雪や凍結防止剤で山へ走りに行けず、かなりの欲求不満状態です(笑)
Commented by ベルボトム at 2015-02-05 02:13 x
2013も2014モデルもみかけないです。
自分しかもってないのか?と思うくらい。
2013は出たころ、広告でみたきりですよ。
販売台数すくないんでしょうかね?
どこもSHOPはすぐ売り切るようにしているので、チャンスのがすと手に入らなくなりますね。

こちらこそよろしくお願いします。
2013のフロントフェンダーー白いのつけたいなあー。
アンダーかウルもロゴ入りでかっこいいですね!

峠は冬ははしれるけども、寒いのと朝は霧がすごく、霧がはれるころ行くと交通量がすごくて思うように走れないので、峠は春から夏の早朝でーす。

峠いけないと、欲求たまりますね。
わかります。
でもサーキットいくようになってから、峠でのコーナーで対向車がこわくなりましたよ(笑)
Commented by naka1md30 at 2015-02-05 23:57
白色のフロントフェンダーとアンダーカウルは非常に汚れやすいので、
お掃除が大変です(笑)
この時期は、やはりそちらも走るのには向かない季節なのですね。
早く気持ち良く走れる春になってほしいですね~
<< 今年3回目のデコボコ 横浜へ >>