初冬の南いわき・八溝山林道ツーリング 前編 (WR250F)

11月最終日。
先週の連休は大風邪をひいてダウンしてしまったので、今週末はその憂さ晴らしに前回に引き続いて福島県のいわき方面の林道を走ってきました。
まだ病み上がりで体の方が本調子ではないので、あまりガツガツ走らずに、以前から目星をつけていた新しいダートでも探索してみましょう!

まずは、いつものように横川目兼林道を南側から走ります。
この林道は、杉の植林地で新緑の季節も初冬のこの時期もあまり色合いに変化が無いのですが、かろうじて林床のタマアジサイが黄色く紅葉していました。
f0126932_20455884.jpg


もう時期が時期なだけに紅葉を見ることは諦めていたところですが、名無しの峠手前から北側の区間では一部鮮やかな紅葉が残っていました。
暗い杉林の中に、まるでスポットライトが当ったかのように色づいています。
f0126932_20494571.jpg


そして、今回のツーリングで一番感動したのが、この場所。
散り落ちた葉が黄色い絨毯のように路面を覆っています。
f0126932_20535178.jpg


横川目兼林道の北側区間はほとんど冬枯れになってしまっていましたが、まだまだモミジの紅葉が楽しめました。
1、2分走ってはこんな感じで止まって写真を撮っていたので、一向に先へ進まない・・・
f0126932_20555381.jpg


モミジの赤色とヤマブキの黄色。
f0126932_20582925.jpg


さらにダートを辿って弥太郎林道から藤ノ木沢林道へ。
この辺りから寄り道を減らしてスピードアップ!
f0126932_2059454.jpg


四時川林道はこんな感じで完全な冬枯れ状態。
路肩に積もった枯れ葉が紅葉の名残を残していました。
f0126932_2105097.jpg


四時川林道を出たところで、以前から気になっている鮫川村の南部地区を探索してみることにします。
最初に向かったのは、鮫川村青生野の羽双集落。
人家の脇に、地形図とグーグルアースで下調べした際のイメージどおりのダート路入り口を発見!
f0126932_215356.jpg


思っていたよりもしっかりした道ですね~
最初は、右手に伐採地を見ながら走りますが、程なく暗い杉の林の中へと入ります。
さらに進むと、谷に広がる細長い水田や、何と人家までありました。
f0126932_2173643.jpg


2.6kmほど走ったところでT字路に出ました。
事前の調査では、左手(手前)に進むと塙町の田代へ、右手(奥)へ進むと渡瀬の越虫集落へ出るはずです。
まずは、左手(手前)方向に進んでみます。
帰ってきてからこの写真を見て気がつきましたが、路面に鋲とスプレーがされているところを見ると、近々舗装工事が始まるのかもしれません。
f0126932_2111221.jpg


先ほどのT字路から1.2kmほど走ったところで舗装路に出ましたが、幅員が狭くてかなり曲がりくねっていました。
ちなみに、舗装路とダートの境が行政界にもなっているようで、手前の舗装路部分は塙町田代、ダート部分から奥は鮫川村の青生野になります。
f0126932_2113229.jpg


再びUターンして先ほどのT字路を通過、さらに進むとT字路から1kmほどで舗装路に出ました。
この辺りが鮫川村渡瀬の越虫地区で、さらにそのまま道なりに進むと国道289号に合流します。
f0126932_21181171.jpg


国道289号を少し下って、江竜田の滝に寄り道してみました。
しかしながら、紅葉の中を流れ落ちる姿を見るのには、少々季節が遅すぎたようです・・・
f0126932_21204252.jpg


さて、ツーリングはまだまだ続きます。
ダート探索第二段は、鮫川村渡瀬の大戸中から弓張堂山の南側を越えて塙町山形へと抜けるルートです。
大戸中川を辿っていくと、山上の水田の中にそれらしき入り口が見つかりましたが・・・
f0126932_2122558.jpg


樹林区間に入るなり、一気に辺りの景色が怪しくなってきます。廃道の香りがする・・・
確かにグーグルアースでは路面が確認できなかったし、果たしてこの林道は反対側へ繋がっているのか?
f0126932_2125367.jpg


さらに進むと、所々林道らしい形状が見受けられますが、路面状態はますます廃道の様相を呈してきます。
f0126932_2128377.jpg


疑心暗鬼のまま2.6kmほど走っていくと、無事に塙町山形側に抜けられてしまいました。
ちなみに、この林道は覚石線と呼ぶらしい。
f0126932_2129984.jpg


次第に雲行きが怪しくなってきましたが、予報ではそれほど急激には天候悪化しないはず。
予定通り板庭入宝坂林道経由で矢祭町へと抜け、さらに久慈川の向こうに見えている八溝山を目指すことにしましょう!
f0126932_2131598.jpg




そうして、いつものように再び走り出して数分後に惨劇が・・・
緩い登りの舗装路を走っていたところで、急にリアタイヤが左方向にスリップして体勢を立て直す間もなく右側に転倒。右肩から路面に叩きつけられました。
舗装路では数年ぶりにやってしまった大転倒です(泣)
転倒直後にまずは身体の無事を確かめ、それから路面を滑走していったWRを見た光景がこの状態(写真を撮る余裕があるじゃんという突っ込みはなしの方向で)。
車体が数m滑走しているし、頭が90度以上回転して進行方向とは逆にこっち側を向いちゃってるよ・・・
f0126932_21344354.jpg


で、ひとまずは身体も車体も大怪我せずに済んだので、反省をば。
最大の原因はというと、天気は大丈夫かな?と考え事をしながら走っていて注意力が散漫になっていたことでしょうね。やはり走行中は常に集中していないと痛い目を見ます。

では、スリップの直接原因は何か?
写真では一見単なる濡れた舗装路面に見えますが、実は表面がヌメヌメの苔?に覆われていて、車体を起こすのに難儀するほどツルツルした凶悪路面だったのです。
以前、房総のコンクリ舗装路面で、同様にヌメった状態の下りでコケたことがありますが、今回のような一見普通に見える場所に凶悪路面が潜んでいることにある意味驚愕しています。林道は怖いです・・・
ちなみに、転倒してから路面の状況を確かめてみたところ、道路のセンターから右側の半分、色が黒く写っている部分は普通の濡れた舗装路面でしたので、この部分を走れば何事も無く通過できたと思います。


※後編へつづく
by naka1md30 | 2014-12-01 21:59 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by ゆみり at 2014-12-02 22:29 x
こんばんは!
黄色の紅葉の絨毯、とても綺麗ですね~!
こんな景色が広がっていたら・・・確かに前に進めませんね(笑)
転倒の怪我は大丈夫ですか?
普通の路面に見えるのに、そんなにぬめっているんですね。
とりあえず、無事帰宅できる状態で良かったです。

Commented by naka1md30 at 2014-12-03 21:33
紅葉は本当にタイミングで、毎年同じ時期に行ってみても、同じような状態を
見ることはまずないので、毎回新しい感動があります(この木がこんな色に紅葉する
のか!とか・・・)。
幸い、怪我の方は軽くすんだので、無事に帰ってくることができました。
何事も油断大敵ですね・・・
<< 初冬の南いわき・八溝山林道ツー... 八溝真名畑林道 >>