R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第二十一弾 (YZF-R1)

日曜日は同じR1乗りのヒロさんと箱根・伊豆方面へツーリングに行ってきました。
そろそろ箱根や伊豆スカイラインでも路面の凍結や降雪の可能性が出てくるので、R1での箱根方面へのツーリングは、おそらくこれが今年最後になるかと思います。

夜明け直前の一番寒い時間帯に待ち合わせして(笑)、京葉道~首都高~東名道~小田原厚木道路と走り繋いで箱根ターンパイクへ!
夏よりも2時間ぐらい遅い時間の到着ですが、まだまだ日が低くて気温も5度ぐらいと寒かったです。
でも、料金所は結構混んでいました・・・
f0126932_204981.jpg


ターンパイクから伊豆スカイラインへ。
所々の路面が水霜で濡れていたので、あくまで流す感じで。
f0126932_2065157.jpg


山の上は思ったよりも雲が多くて、気温も一向に上がらずじまい。
富士山を見られたのは、滝知山で休憩したこの一時だけでした・・・
f0126932_2092588.jpg


西丹那の駐車場にて。
R1二台&ヒロさんを入れて記念撮影(笑)
f0126932_20122413.jpg


いつものように亀石峠でUターンしましたが、今回はめずらしく?パトカーも取り締まりも見かけなかったな~
f0126932_20141668.jpg


今回はせっかくなので、箱根峠経由で芦ノ湖スカイラインへも足を延ばしてみます。
天気が曇天な割には、こちらも結構混んでいました。
f0126932_2016577.jpg


さらに、仙石原へと下って、以前から気になっていた箱根武士の里美術館へ。
目的はと言うと・・・
本物(江戸時代)の鎧兜を着られるとのことで、こんな写真を撮ってみました。
試着に制限時間はなく、敷地内であれば好きに写真を撮って良いですよ!と言われましたが、なにせ全体で25kgほどの重さがあるので、これを着て動き回ると非常に疲れます。
飛んだり跳ねたりとか、馬に乗るのなんて無理だよな~(笑)
f0126932_20172628.jpg


帰りには仙石原のススキ原にも寄ってみました。
草紅葉の時期はとうに終わり、見渡す限り枯れススキになっています・・・
f0126932_20334791.jpg


冷たい風が吹き渡る枯れススキの原っぱを見ていると、いよいよ今年のツーリングシーズンも終わりだな~、と実感が湧いてきます(泣)
f0126932_2036469.jpg


最後は大観山まで戻って遅めの昼飯を食べてから、ターンパイクで一目散に麓まで下りました。
ちなみに、走行距離は約350kmといつもより少なめでしたが、色々と楽しめたので良かったかな~
ヒロさん、寒い中のツーリングお疲れさまでした!
f0126932_2041025.jpg

by naka1md30 | 2014-11-17 20:48 | 旅とツーリング | Comments(6)
Commented by ヒロ at 2014-11-18 00:17 x
Nakaさん、こんばんは!

昨日はお疲れ様でした~
今回も案内有難う御座います!!

今年中に箱根に来れて良かったです^^
目的の鎧兜が着れて、楽しかったです。
まぁ、こんなの着ながら戦は出来ませんね。。。(><)

後は、房総へ林道ORロードのどちらか今年中に行きましょう~

お疲れ様でした。
Commented by naka1md30 at 2014-11-18 22:08
お疲れさまでした!
天気がいまいちでしたが、楽しかったですね~
せっかくなので、もっと面白い写真を撮っておけば良かったかも・・・
これからは雪の心配の無い房総のシーズンなので、次回はぜひ房総へ
行きましょう。

Commented by ゆみり at 2014-11-19 19:38 x
こんばんは!
鎧兜本物着られるんですね~。ちょっと着てみたいです(笑)
ただ、25キロですか!?
これ着て、馬にひらりと飛び乗るなんてことは・・・・今やテレビの中だけの話ですね(汗)
Commented by naka1md30 at 2014-11-19 21:27
女性のお客さんも結構来るみたいですよ~
ただ、兜(鉄製)が重くて首が回らなくなる人もいるとの話を聞きました(笑)
大河ドラマとかで使われている鎧は3kgぐらいとかなり軽く作られているようです。
Commented by 絵の具 at 2014-11-20 18:47 x
これ着た武将って動けないですよね。
もうリアル五月人形としか。。
nakaさんは甲冑で仁王立ちしなかったんですか?
なんとなく好きそうな気がしますけど。
Commented by naka1md30 at 2014-11-20 21:38
武将は戦わないので、これでも良いみたいです(笑)
仁王立ちは次回行く時に忘れずやります!
<< 美栄の華 (ヤマアジサイ) 東京駅 >>