白花彼岸花

普通の彼岸花から数日遅れて、白花彼岸花が満開になりました。
白花と言っても純白ではなくて、淡い黄色の花です。
ただ、この写真自体は朝日の中で撮影したこともあって、実際に目で見たよりもかなり色が濃い目に映っていますので、日中に見るともう少し薄い感じの花色をしています。
f0126932_23522898.jpg


今まで特に関心も無かったので調べたことも無かったのですが、この白花彼岸花は彼岸花と鍾馗水仙(ショウキズイセン)との交配種とのこと。
で、鍾馗水仙(ショウキズイセン)って何??と調べてみたら。
何と、我が家にも咲いているコイツでした!
てっきり園芸種の黄花の彼岸花と思っていたら、九州、南西諸島方面に自生している品種(南西諸島での開花期は10月半ばごろ)だそうです。
f0126932_003644.jpg


でも、普通の赤色の彼岸花は3倍体で種ができなかったはず・・・
どうやら彼岸花には2倍体のものもあるようで、種のできる鍾馗水仙(ショウキズイセン)と掛け合わせることが可能なのだそうです。
いやー、彼岸花も色々と奥が深いですね。
by naka1md30 | 2014-09-20 00:08 | 庭いじりの話 | Comments(2)
Commented by ゆみり at 2014-09-20 11:11 x
赤花のヒガンバナとオレンジっぽいショウキズイセンの交配が、白花っていうのが面白いですね~!
Commented by naka1md30 at 2014-09-20 21:11
本当ですね。
両親のいずれとも色が違うのが何とも不思議です・・・
白花彼岸花は実生なので、色合いもバリエーションがあるようです。
<< 羽衣の舞 (ヤマアジサイ) 2014 北海道の旅 その6 ... >>