2014 北海道の旅 その4 ~十勝糠平温泉から宗谷岬へ~

8月27日。
北海道の旅もいよいよ後半へ突入です。
ようやく道北方面の天気が安定してきたようなので、この日は林道ツーリングをお休みしてハイエースで一路、宗谷岬を目指して見ることにしました。

北海道に来て初めて見る抜けるような青空!
まるで晩秋のような冷え込みの中、7時前に糠平温泉を出発!
f0126932_23261867.jpg


ちなみに、この日の朝は冷え込みが厳しくて、糠平温泉の最低気温は何と6度台。
日中の気温も日曜日までの蒸し暑さが鳴りを潜め、すっかり秋らしくなってしまいました・・・
f0126932_23281582.jpg


十勝三股にて。
ほとんど貸し切り状態の国道273号を北上して三国峠を目指します。
f0126932_23311655.jpg


三国峠の展望台から望む、三股の樹海と二ペソツ山(右奥)、ウペペサンケ山(中央奥)の展望。
f0126932_2048594.jpg


層雲峡の銀河の滝にて。
層雲峡は、なぜか日本人がおらず、中国人の観光客しかいませんでした・・・
まだまだ宗谷岬までの道のりは長いので、上川層雲峡インターから旭川紋別自動車道へ乗り、道央自動車道で士別まで一気にワープ!
f0126932_20495389.jpg


名寄と美深の市街もバイパスでパスして、天北峠を越えて宗谷の中頓別町に入ったのが11時ごろ。
写真は国道275号から望む敏音知(ぴんねしり)岳。
7年前の北海道4DAYSでは1日目の宿泊地になっていたっけな~
f0126932_2054269.jpg


12時ごろ、浜頓別市街を通過してオホーツク沿岸へ。
f0126932_20572858.jpg


途中、猿払の道の駅でお昼を食べた他は、国道238号をひたすら北上。
笹や草原が広がる宗谷丘陵に差し掛かると、宗谷岬は目前です。
f0126932_20582173.jpg


13時を少し回った頃、本土最北端の宗谷岬に到着。
何度も言いますが、決して日本最北端じゃないですよ!
それから、宗谷海峡のはるか向こうに見えている山々もサハリンではなく「樺太」だって、何回言ったらわかるんだ、ばかやろー(怒)
f0126932_2105942.jpg


宗谷岬から宗谷海峡越しに望む樺太の島影(左奥)。
この場所から見えている山並みは、かつての豊原支庁、留多加(るうたか)郡能登呂村の西能登呂岬の辺りだと思われます。
f0126932_2141659.jpg


岬突端のモニュメントがある場所は、別に見ても何の感動もないので早々に退却~
個人的には、宗谷岬から一段上がったところにあるこの場所から眺める宗谷海峡の景色が大好きだったりします。
写真では見ることができませんが、水平線のはるか彼方に浮かぶ雲の下には樺太の山々が見えていました。
f0126932_218659.jpg


宗谷丘陵の山並みとわずかにのぞく利尻岳の頂。
来る度にどんどん増えているような気がする風力発電の風車ですが、正直なところ景観破壊以外の何物でもないと思うのは自分だけ?(笑)
f0126932_21122056.jpg


真っ青な空と宗谷海峡。
そろそろ14時を回ってしまったので、いいかげん道草食いをやめて帰らないと・・・(笑)
f0126932_21145031.jpg


宗谷岬から稚内へと向かっていくと、正面に見えている利尻の島影がどんどん大きくなってきます。
f0126932_21153424.jpg


といいながら、景色に見とれて早速寄り道。
稚内の夕日が丘展望台から望む利尻水道越しの利尻島と礼文島(右奥)です。
f0126932_21181957.jpg


さあ、今度こそ急いで帰るぞっと。
抜海岬(右奥)を望みながら、道道106号稚内天塩線、オロロンラインへ。
f0126932_2121217.jpg


思わず景色に見とれて、またまた寄り道。
早くしないと日が暮れちゃうよ~
f0126932_21233557.jpg


お!?利尻岳がきれいに見える!
だから、寄り道するなってば。
f0126932_21245168.jpg


だーかーらー、早くしろって。
f0126932_21251590.jpg


それはさておき(笑)、この電柱もガードレールもないオロロンラインの直線路はいつ見ても圧巻です。
f0126932_21255252.jpg


幌延からは一切寄り道をせずに一目散に帰ってきたので、何とか日没前に、この日の宿である名寄サンピラーユースホステルに到着。
f0126932_21523672.jpg


ちなみにこの日のハイエースでの走行距離は約550km。
今回の旅における1日の走行距離としてはダントツでした!
f0126932_21305288.jpg


※ その5 ピヤシリ山・函岳周辺林道ツーリング(前編) へつづく



<2014 北海道の旅>
1.苫小牧から十勝へ
2.(1)十勝南部丘陵地帯林道ツーリング<前編> (WR250F)
2.(2)十勝南部丘陵地帯林道ツーリング<後編> (WR250F)
3.喜登牛山周回林道ツーリング (WR250F)
4.十勝糠平温泉から宗谷岬へ
5.(1)ピヤシリ山・函岳周辺林道ツーリング<前編> (WR250F)
5.(2)ピヤシリ山・函岳周辺林道ツーリング<後編> (WR250F)
6.(1)名寄から苫小牧へ、旅の終わり<前編>
6.(2)名寄から苫小牧へ、旅の終わり<後編>
by naka1md30 | 2014-09-08 21:34 | 旅とツーリング | Comments(6)
Commented by ゆみり at 2014-09-08 23:05 x
夕日が丘展望台からの景色、そして、(寄り道しまくりの/笑)オロロンライン、利尻岳の景色、まっすぐの道、青空、夕陽、すべてがとってもキレイですね!
これは、寄り道は致し方なし。ではないでしょうか・・・(笑)
自分の目で一度見てみたいです。

Commented by ncc1701abcde at 2014-09-09 09:31
おはようございます。
あの日通りで寒いと思った!!
糠平で6,5度!
大雪湖湖畔では何度だったのかな~~?
朝吐く息は白かったです。。。
この日朝層雲峡あたりですれ違っていたようですね!!
Commented by naka1md30 at 2014-09-09 21:35
ゆみりさん

利尻が逆光だったのは残念でしたが、ここまではっきりと利尻・礼文、
樺太を見ることができたのは初めてでした。
東京から直線で1000km、わざわざ行くのはなかなか至難の業では
ありますが、特に6月から7月にかけては高山植物が咲き乱れるので、
機会があればぜひ一度行ってみてください。
本州だと高い山の上に行かないと見られない草花が海岸沿いで見られ
るのは、何だかとても不思議な感じがします。
Commented by naka1md30 at 2014-09-09 21:37
K島さん

こんばんは!
この日の朝は本当に寒かったですね~
おそらく大雪湖畔も同じぐらいか、それよりも冷え込んでいたかもしれません。
ちなみに、層雲峡は8時ごろに通過しました(笑)
Commented by kしま at 2014-09-10 09:16 x
>ちなみに、層雲峡は8時ごろに通過しました(笑)
となると、私はおそらくまだ大雪湖にいました。
大雪湖畔の情報ターミナルP手前の橋げたに
ハイエース止まって無かった?

日本の果てでニアミスでしたね~(笑
Commented by naka1md30 at 2014-09-11 22:52
情報ターミナルの前を通った記憶ははっきりとあるのですが、ハイエースには
気がつきませんでした・・・
本当にニアミスでしたね(笑)
<< 2014 北海道の旅 その5 ... 2014 北海道の旅 その3 ... >>