梅雨の晴れ間の南会津林道ツーリング (WR250F)

3週間ぶりに福島県南会津の林道へ!
今回は、福島県と栃木県の県境に近い南会津町から檜枝岐村にかけての林道群を走りました。
この日の朝のこと、起きて顔を洗っている時に突然、けたたましく鳴り始めた緊急地震速報にまた来たか!とぎょっとさせられましたが、幸いなことに被害の出るような地震ではなかったので、予定通り家を出発することができました。

いつものようにトランポからWRを降ろし、まずは田代山林道をひと走り。
田代山林道は、現在、福島県側の田代山登山口から峠までの区間と栃木県側の全区間が通行止めとなっているため、水引の集落から田代山登山口までの往復になります。
しかも、昨年の秋よりも数百mほど舗装区間が伸びていて、このルートの行く末を考えると先行きが心配になります・・・
f0126932_20375169.jpg


一旦、水引の集落まで戻ってから、唐沢林道で唐沢峠を越えました。
こちらは、いつ来ても対向車に会うことが無く、徐々にではありますが来る度に廃道化が進んでいる感じがします。
山をぶち抜くトンネルが開通した今、地元の人にとって山を越える旧道を維持する必要性が乏しいのかもしれません。
f0126932_20424540.jpg


木賊温泉から檜枝岐へと向かう途中、平沢林道を覗いてみましたが、入り口付近で木の伐採&運び出し作業が行われていたので、通行を断念してそのまま檜枝岐村へと下りました。
少々、お昼には早いですが、いつものように開山で裁ち蕎麦でも食べていきますか~!
f0126932_20463414.jpg


大もりに加えて鰊の山椒漬けを注文。がっつり食いました(笑)
f0126932_2049587.jpg


少々腹が重いですが、そのまま川俣檜枝岐林道へ突入。
ガシガシ走って先へと進みます。
f0126932_2051918.jpg


標高の高い馬坂峠もすっかり緑が濃くなっていました。
栃木県側の路面は相変わらず荒れていますが、致命的な崩壊や路面の損傷はありません。
f0126932_20521740.jpg


田代山林道の栃木県側入口にて。
ガッチリとゲートで閉鎖されているので、湯西川経由でそのまま安ヶ森林道へと向かうことにします。
f0126932_20533981.jpg


数年ぶりに安ヶ森林道を走りました。
相変わらず砂っぽい路面にきついコーナー・・・うっかりジャンプしてしまう段差のある箇所も全然変わっていません(笑)
f0126932_21154795.jpg


震災直後には人足の途絶えていた鱒沢渓谷にも、次第に釣り人が戻ってきているようです。
f0126932_2058640.jpg


安ヶ森林道の舘岩側出口に到着。
まだ時間が早く、このままトランポまで戻るのも面白くないので、今回は以前から気になっていたエリアの探索をしてみることにしましょう。
f0126932_20592051.jpg


実は、安ヶ森林道から国道352号へと出て田島方面へ数百mほど走り、舘岩川を渡った所にある製材所脇に以前から気になっている林道の入口があります。
ここ数年、いつ見ても工事を行っているようですが、入口に林道名の表示は一切ありません。
土曜日なのでひょっとしたら工事をしているかな~と意を決して入ってみると、ダートは数百mほどで終わり、拍子抜けするほど立派な舗装林道が出現!
舗装したてのホヤホヤっぽいですね・・・いったい誰が使うんじゃこんな立派な舗装路(笑)
【2014.7.17追記:調べてみたところ、この舗装林道の正式名称は、「広域基幹林道 矢竹阿多根線」と呼ぶそうです。】
f0126932_2125591.jpg


国道352号側の入り口から9kmほど走ったところで、ようやく舗装が途切れて待望のダート路になりました。
地図を見た限りでは、右奥の山が戸谷山で、左奥の山々が南会津町と只見町との境にある大博多山だと思われます。
【2014.7.17追記:この写真の林道は、林道沼ノ平線。広域基幹林道 矢竹阿多根線から分岐して白沢線へと繋がる全線ダートの林道です。】
f0126932_2185041.jpg


林道はしばらく戸谷山の西側を巻き、その後ヘアピンを繰り返して山を下り、最終的には伊南川沿いの白沢集落(旧伊南村)へと抜けることができました。
ダートの区間は全部で約7kmほど。
これはこれで新たな発見ではありますが、結局、最後まで林道の名前はわからずじまい
【2014.7.17追記:現地には林道名を表記する看板がありませんが、広域基幹林道 矢竹阿多根線~林道沼ノ平線~白沢線と走り繋いだこととなります。】
f0126932_21115817.jpg


再びトランポまで戻り、後片付けをして撤収。
WRでの今回の走行距離は約165kmでうちダートが約70km。
やはり、田代山林道が使えないと、ダート区間100km超えはなかなか難しいっすね(笑)
f0126932_21161756.jpg


今回も旅の最後は木賊温泉。
夏空の下、木賊の集落へとハイエースを走らせていくと、正面奥に田代山の姿を望むことができました。
f0126932_21193643.jpg


タイミング的にめずらしく貸し切り状態の木賊温泉に入ることができました。
f0126932_21225531.jpg


岩の下から湧き出る熱い湯に浸かっていると、このままどこかへ泊まっていきたくなってきますが、何とかそんな気持ちを抑えて帰ってきました(笑)
f0126932_21234921.jpg


※おしまい
by naka1md30 | 2014-07-14 21:25 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 倉木の光 (ヤマアジサイ) 立馬の十字星 (園芸アジサイ) >>