北方領土の地形図第四弾が刊行されました

先日、国土地理院の電子国土のサイトで択捉島と色丹島の地形図が見られるようになっていると紹介しましたが、本日、国土地理院から紙の2万5千分の一地形図47面が刊行されました。
これで、わが国の領域全ての地形図の刊行が完了したことになりますが、日本の史上において、全域の地形図が整備されたのはこれが初めてであり、ある意味歴史的な日であると言えます。
当然、報道されることも無いニュースではありますが、折りしもテレビや新聞を賑わしている某閣議決定と同じ日だというのは偶然ではあるものの、これまでやられっ放しだった日本が少しずつ変わりつつあることの証だと思います。
f0126932_21122515.jpg

by naka1md30 | 2014-07-01 21:14 | 雑記 | Comments(0)
<< 梅雨の晴れ間の大井川流域林道ツ... 大井川 >>