ヤマアジサイの蕾いろいろ

初夏のような陽気が続き、ヤマアジサイの蕾が日に日に大きくなってきています。

八重咲き種の七段花。
まだ装飾花と両性花の区別がつきません。
f0126932_2235364.jpg


千葉県の清澄山産の清澄沢。
ひと目で清澄沢とわかる、赤紫色をしています。
f0126932_2236681.jpg


エゾアジサイ系の綾の蕾。
八重の装飾花が大きく育ってきていますが、この段階ですでに両性花の脱落が始まっています。
f0126932_22383478.jpg


同じく八重咲き種の仁淀八重。
外側の装飾花の見分けがつくようになってきました。
f0126932_22392736.jpg


愛媛県産のテマリ咲き種の伊予獅子てまり。
非常に小さな蕾です。
f0126932_22414520.jpg


テマリ咲き種の坊ヶ鶴てまり。
一見するとガク咲きのような蕾をしていますが、成長するに従って装飾花が両性花を覆い隠して行きます。
f0126932_22424363.jpg


先日も写真を載せた、横浪の光。
両性花のガクがより大きくなり、装飾花もはっきりとわかるようになってきました。
f0126932_2244366.jpg


八重咲き種の坊ヶ鶴の華。別名、九重乙女。
f0126932_22463328.jpg


九州の九重連山産の九重渦巻。
この品種は、今の時期の葉には出ていませんが、花後に出る新芽には黄色い斑が入ります。
f0126932_22475137.jpg


四国仁淀川流域産の仁淀小町。
葉や茎が細かい毛で覆われていて、蕾がうっすら赤みを帯びています。
f0126932_2251293.jpg


我が家では今年が初開花となる土佐のまほろば。
今後に期待です。
f0126932_2251453.jpg


白色テマリ咲き種の祖谷てまり。蕾の段階では両性花が多く見えています。
f0126932_22524239.jpg


斑入品種である由布残雪の蕾。
良く見てみると、蕾にも斑が入っているのが見えます。
f0126932_22541025.jpg


おまけ。
北米原産のカマシア、クシキーの花が咲き始めました。
この株は数年前にジョイフル本田で球根を購入してきたものですが、まだまだめずらしい花だと思います。
ちなみに、カマシアの球根は食用にできるそうで、かつてはインディアンの人たちが食べていたそうです。
f0126932_2255367.jpg

by naka1md30 | 2014-05-03 22:58 | 庭いじりの話 | Comments(2)
Commented by ゆみり at 2014-05-08 00:38 x
こんばんは!
随分と色んなつぼみが出揃いましたね(^^)
つぼみといえども、既に個性ありありですね~。
見ていて楽しいです♪

我が家は、土佐の遊蝶もすっかり色付き、両性花開花待ち。
碧雲も綺麗なブルーが出てきましたよ。
土佐のまほろばも、だいぶん咲き進み、色ものってきましたが、1鉢は両性花脱落しちゃいました。どうしてなんでしょうね~?

写真結構撮ってるんですが、毎日時間足りずアップできません(;_;)
Commented by naka1md30 at 2014-05-08 21:16
蕾のうちから見ていても飽きないですよね~
ブログの写真を見ましたが土佐の遊蝶の開花早いですね。
八重咲き種の両性花は早いうちに脱落してしまったり、最後まで残っていたり、
毎年まちまちなのですが、何の条件でそうなっているのかがいまだに謎です・・・
また、他の花も咲き始めましたら、ぜひ写真を見せてください!
<< R1で行く箱根・伊豆ツーリング... 伊豆スカ >>