林道ツーリング改め、ハイエースで行く富士・箱根の旅 前編

昨年の11月以来、久々の県外へのツーリング!
日曜日は桜の花を追って、いつもの高遠方面へ出かけることにしました。

久々に走る中央道を西へと向かいます。桜咲く談合坂サービスエリアで一休み。
f0126932_20154765.jpg


中央道から望む八ヶ岳連峰。
f0126932_20181679.jpg


八ヶ岳パーキングエリアから望む甲斐駒ケ岳(右)とアサヨ峰(左)。
この時期としては、例年よりもかなり雪が多くて、特に沢沿いの雪の多さを見ると、これから向かう林道の状態も気になってきます・・・大丈夫か?
f0126932_2019624.jpg


さらに左手の方へ目を移すと、鳳凰山(左)の奥に真っ白な北岳の頂も見えていました。
f0126932_20204553.jpg


ハイエースからWRを降ろし、いざ出発!
久々に前後とも新品のタイヤなので、ダートを走るのが楽しみです。
f0126932_20221193.jpg


出発して20分後・・・
金沢林道へ入って150mほど登ったところでいきなり現れたカチカチの残雪に、行く手を阻まれてしまいました。
うーん、この場は谷側の斜面を抜けるという手もあるが・・・
f0126932_20232329.jpg


麓から入ったばかりの標高が低い場所ですでにこの状態であることを考えれば、この先とても峠まではたどり着けないだろうし、何よりも先に走った轍が一切無いことからも、この先の状況を推して知ることができます。
仕方がない、撤収開始!
f0126932_20255510.jpg


というわけで、再びハイエース置き場まで戻ってきました。
ちなみに、本日のWRでの走行距離は約30km。しかもダートは0km(泣)
そのままWRをハイエースにぶち込んだものの、さてどうしたものか。
いっそのことハイエースで高遠へ行ってみる?・・・いや、この時期の高遠へ車で近づくのは非常に危険。
じゃあ、北の方へ行ってみる?・・・確か、志賀草津道路はまだ開通していないし、上信越道も通行止めになっていた気がする。
というわけで、富士山方面を経由して帰ることにしました!!
f0126932_20281047.jpg


自分は2001年以来、毎年この時期に林道で山越えをして高遠へ行っていますが、こんなに酷く雪が残っているのは初めてです。
途中の沢沿いで見かけた残雪の量は、とても太平洋側の地域で見る量ではなく、例えるならば会津や新潟方面の残雪期のような状況でした。
今年2月の記録的な大雪がいかにすさまじかったか、改めて思い知らされた次第です。
おそらくこのままでは、GWでも峠越えは厳しい状況ではないかと思われます。

※後編へ続く
by naka1md30 | 2014-04-16 20:39 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< アジサイ斑入品種の芽吹き 新緑の季節へ >>