チューリップ アナリータ

先日、全てのチューリップに先駆けて咲いた原種系のトルケスタニカに続き、園芸種のアナリータが咲きました。

この品種は通常のチューリップに比べると背が低く、ずんぐりとした株姿です。
咲き始めは、赤色とクリーム色の複色です。
(2014.4.1)
f0126932_21162774.jpg

f0126932_212084.jpg


花が咲き進むと花色が変化して、クリーム色だった部分にも次第に赤色がさしてきます。
チューリップの花の寿命は短くて、気温が一気に上昇するとあっという間に終わってしまうのが残念・・・
(2014.4.5)
f0126932_21202664.jpg

f0126932_21212827.jpg

by naka1md30 | 2014-04-05 21:22 | 庭いじりの話 | Comments(4)
Commented by ゆみり at 2014-04-05 23:34 x
可愛いチューリップ♪
でも、確かにチューリップの花の寿命は短いですね。
我が家のヒュミリス アルバコルレア オキュラータも・・・一瞬でした(^^;
Commented by naka1md30 at 2014-04-06 01:08
実は私も今シーズン初めてアルバコルレア オキュラータを植えて見ました!
ようやく蕾が膨らんできているのですが、仕事で見ないうちに終わってしまうのは悲しい
ので、毎朝気をつけて見ていないといけないですね~(笑)
Commented by 絵の具 at 2014-04-06 15:30 x
園芸種のミニチューリップって植えたことないんですが、翌年も咲くんですかね?
アルバさん、ちっさい球根を買ってきて2年かかっても咲かず、結局腐らせてしまいました。。OTL
Commented by naka1md30 at 2014-04-06 19:56
アナリータもアルバコ(略)も今シーズン初めて植えてみたので、来年も咲かせられるかは、
これからの育て方次第になりそうです。
ちなみに、何でこんなに球根にまで手を出してしまったのかというと、年末に売れ残り品の
激安セール(一袋100円~200円!)があって、その時にあれこれ買ってしまった
のです・・・(笑)
<< 今井の桜と4回目のオイル交換 ... 今井の桜にて >>