春の房総林道ツーリング (WR250F)

例年であれば滅多に雪が降らない房総でも、先月は記録的な大雪になりました。
1ヶ月近く経った今でも山沿いの道端に雪が残っているぐらいなので、いかに異常な大雪だったかがわかります。
そんなわけで、気がついたらもう3月・・・
ようやく仕事の山も越えたので、数年ぶりにこの時期に休みを取って、WRで走ってきました。

3月とは思えない一桁の気温に凍えながら、10時過ぎに走り出しました。
日差しはすっかり春になっていて、道端では菜の花が満開になっています。
f0126932_026655.jpg


平日なので、もみじロードも当然ガラガラです(笑)
今月中にはR1でも走りに来られるかな?
f0126932_0284010.jpg


まずは、林道山中線へ。
上部に何本かの倒木がありますが、いずれも脇をパスすることができました。
路面の雨溝は一段と深くなった気がします。
f0126932_030880.jpg


お次は、林道大山横尾線を走ります。
日の当らない道端には、先月の雪がこんな感じで残っていますが、6月頃に会津や群馬の林道へ行くと林道法面下に残っている残雪と同じ光景・・・
たぶん、自分が生きているうちには房総で二度と見ることはないであろう景色。
f0126932_032222.jpg


林道大山横尾線の本線には何本か倒木があって、こんな感じでくぐったり、脇を抜けたりで、結構難儀です。
場所によっては、倒木を避けるのに轍切りをしないといけない所もあったので、房総の林道としては稀に見る難易度になっていると思います。
f0126932_0374641.jpg


林道大山横尾線の大幡線との分岐~高山林道間は酷い倒木もなく、問題なく通り抜けることができました。
こちらも写真の法面下に雪が残っているのが見えるかと思いますが、路面の雪は完全に消えています。
f0126932_0402943.jpg


さらに、林道柚ノ木線へと走り繋ぎます。上部は特に問題なし!
f0126932_043393.jpg


中盤の林間部分に差し掛かると、至るところに倒木が現れますが、普通に越えることができます。
f0126932_1141955.jpg


あとわずかで麓側の出口という所でアウト!!
さすがにこれは越えられないな~と脇の林を覗いてみたら、何だか行けそうだったので、ひとまず行ってみる。
f0126932_0461672.jpg


大きな丸太や根っこなどもなく、無事に麓へと抜けることができました。
まあ、通り抜ける場合は自己責任で。
f0126932_0475237.jpg


そろそろお昼の時間ではありましたが、以前から行ってみたかった場所があったので、ひと山越えて旧三芳村の滝田地区へと向かうことにしました。
滝田地区の菜の花畑にて写真を一枚。
でも、見たかったのはこの景色ではなくて・・・
覚えていたのは滝田という地名とそれが畑の中にひっそりとあるということだけ。
辺りを小一時間探し回るもそれは見つからず、今回はひとまず撤収。
次回にまたリベンジすることにしましょう。
f0126932_0491516.jpg


復路の平久里集落で咲いていた河津桜。
河津桜の開花ってこんなに遅かったっけか~?
f0126932_0553771.jpg


鴨川で遅めの昼飯後は、再び林道大山横尾線へ。
f0126932_0574392.jpg


倒木をくぐるのが面倒く・・・難儀なので、林道大幡線から麓へと下ることにしました。
林道の出口には電気柵の扉があるのですが、扉を縛ってある紐を解く時に普通に手に電流が・・・
って、扉を締める時に脇の立て看板を見てみたら、きちんと扉の電気を切ってから開けるようにと書いてある(笑)
まあ、この程度では死にはしないので大丈夫です。
f0126932_059049.jpg


大幡線から麓へと下る途中で見かけた河津桜と桃の花。
ようやく春が来たのだなと実感する景色です。
f0126932_13280.jpg


今回の走行距離は約140kmでダートはかなり少なめでした。
少々というか、かなり欲求不満気味なところもあるので、次回来る時にはこの雪が消えていることを祈りつつ、近日中にリベンジに行きます。
f0126932_152364.jpg

by naka1md30 | 2014-03-07 01:07 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 旧岩崎邸庭園 乃木神社 >>