木更津の海中電柱探訪

本来であれば、寒中房総林道ツーリングのタイトルでツーレポを投稿する予定のはずが、こんな表題になりました(笑)
今朝、千葉でも積雪があったのは周知の事実ではありますが、どうしてもバイクに乗りたかった自分は、日が出てからハイエースにWRを積んで房総へ行くことにしました。
が!途中の県道や国道がツルツル、テカテカに凍結していて、カーブ脇の法面や道路標識には地元車がスリップして突っ込んだ跡が至るところに・・・
土木事務所はきちんと塩カル撒け~!というか、仕事してください。お願いします(泣)
そんな感じで山の中はどこもかしこも危険が危ないので、ツーリングは中止。
WRでも舗装路でコケたら痛いし、一昨年の春みたいに指が変な角度に曲がったりしても嫌だしね。

とりあえずツーリングは諦め、海沿いに出て気の赴くままに富津岬へと向かいました。
ちなみにこの写真、カメラのレンズがひん曲がっていたのではなくて、防砂林の黒松自体が日頃の強風で右方向(北側)へと傾いているのです。
f0126932_20485850.jpg


せっかくなので、富津岬の先端にある明治百年記念展望台へ登ってみます。
この場所に来るのは、何と20年ぶりだったりします。
f0126932_2051435.jpg


展望台の上は季節風が強くて目を開けていられないほどでしたが、視程はまずまずでした。
富津岬先端から沖合いの第一海堡までは、かつては砂嘴で繋がっていて歩いて行けた時代もあったようですが、今では見る影もなく砂が侵食されてしまっています。
f0126932_20541621.jpg


富津岬は富士山を見るのにも最高の場所でもあります。
左奥の山並みは箱根の山々。
f0126932_20593822.jpg


展望台から内陸側を振り返ってみる。
もちろん両側が海!
f0126932_211793.jpg


さて、ここからが今日の本題です。

下の写真は、2009年に発売された鬼束ちひろの「陽炎」のプロモーションビデオの一場面。
背景に広がる景色はどことなく日本離れしていて、どこまでも広がる干潟や沖合いまで延びる電柱群に目が釘付けになりました。
プロモーションビデオの中では、太陽が左から右へと回っていくと共に、次第に潮が満ちてきて一面の海面へと変わっていくのですが、果たしてこの不思議な景色の場所はどこなのか?

映像からわかるのは、以下の2点。
・西側に面した海岸で沖合いに広い干潟が広がっている。
・対岸に工場群らしきものが見える。

映像を撮影した場所がもし国内だとすると、考えられるのは九州の有明海周辺、瀬戸内海のどこか、名古屋周辺のどこか、あたりか・・・
当時、そこまで絞り込んだところで、海中に電柱がある場所をインターネットを検索してみると、千葉県の木更津江川海岸と熊本県宇土市が引っかかりました。
しかしながら、千葉県の木更津江川海岸の電柱は映像の電柱と形状が違うし(支柱が無い)、熊本県宇土市の方は背景が雲仙普賢岳で工場群は全く無しで、該当する場所がなくなってしまいました。
それから数年が経過し、やがて海中電柱のこともすっかり忘れていったのでした・・・
f0126932_2124582.jpg


じゃーん。
今日、実はその場所に行ってきました!
海中に立つ電柱群も背景の工場群も映像の中の景色と全く同じです。
f0126932_212299.jpg


色をセピア色に変えてみると、だいぶ雰囲気が近くなりました。
f0126932_21244321.jpg


場所は小櫃川河口の南側にある久津間海岸。
東京湾内に残された自然の干潟である盤州干潟に探していた風景がありました。
沖合いにどこまでも干潟が広がるこの風景は、今ではすっかり埋立られて工業地帯になってしまった東京湾の原風景でもあります。
f0126932_2126255.jpg


映像で奥に見えていた工場群は、新日鉄の君津工場。
f0126932_21305661.jpg


そして、海中に建ち並ぶ電柱群は、沖にある密漁監視施設へ電気を送るために建てられたものだそうです。
f0126932_21321013.jpg


電柱の袂から望んだ木更津市街方面の風景。奥の山並みは冠雪した鹿野山です。
画面の右側には、最初に目をつけた江川海岸の海中電柱群が見えています。
ちなみに、この場所を見つけたきっかけはグーグルアースの衛星写真。
昨年の夏頃、木更津周辺の衛星写真を見ていた時に、海面に特徴のある電柱の影が伸びているのを見つけたのでした。
本当に便利な世の中になったものです。
f0126932_21335544.jpg


<追記>
帰ってきてから調べてみたところ、海中電柱群は今回訪れた久津間海岸と江川海岸の2ヶ所に加えて、小櫃川河口の北側、金田海岸にも1ヶ所あるそうで、なんと3ヶ所あることがわかりました。
知ってしまったからには、暖かくなったらまた見に行くことにします。

あと、2009年の鬼束ちひろの陽炎のPVをYoutubeで見つけたので、参考までに貼っておきます。



by naka1md30 | 2014-01-19 21:41 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by kしま at 2014-01-19 21:58 x
30年ほど前にこの富津岬のどこかの砂浜を、カローラで走り回ったな~~~!
Commented by naka1md30 at 2014-01-20 22:33
K島さん
えええ~、昔は走れるところがあったのですね。
今ではすっかり砂浜が痩せてしまって、進入禁止以前にそもそも走れる場所自体がないです・・・
自分が免許を取ったばかりの20年前までは九十九里浜も車が入れましたが、今の時代、
車で砂浜に入るなんてご法度になってしまいました。

それはさておき、先日の件、すみませんでした!
<< 衝動買い クリスマスローズ開花株の購入 >>