クリスマスローズの花芽(1月13日)

朝の冷え込みが厳しい日々が続いていますが、クリスマスローズの花芽は着実に大きくなっています。
この時期は庭いじりに関して、水やり以外に特にすることがないので、手持ち無沙汰な今日この頃です(笑)

昨年に苗を購入したプチドール麗。
このまま順調に成長すれば、今月中には開花が始まるかな?
原種のデュメトラムとハイブリッドの交配種で、我が家では今年が初開花になります。
f0126932_2311980.jpg


こちらは、クリスマスローズで唯一のアジア原産種であるチベタヌスの新芽。
一昨年の年末に小苗を2本購入したものの、昨年夏の猛暑で1本が枯死してしまい、何とか残った方の1本がこれなのです。
まだまだ小さな芽なので、開花は来年以降になりそうです。
f0126932_2355587.jpg


ブラックシングル株の花芽。
こんな感じで苞葉の中から蕾が見えてきた株が多くなってきました。
f0126932_23916.jpg


昨年、苗を購入したアシュードネオンスター。
まだまだ株が小さかったので今年の開花は諦めていたのですが、ここに来てかなり芽が膨らんできました。
もしかすると、開花が期待できるかもしれません。
f0126932_2312298.jpg


同じく昨年に購入した樋口交配のウィンターシンフォニー苗。
この1年間で順調に成長して初花が見られそうです。
ダブルピコティー系の苗であったので、どんな花が咲くのか?こちらも楽しみな株です。
f0126932_2314208.jpg


今シーズンはウィンターシンフォニー苗を中心に大量の苗を購入してしまったので、これ以上増やさないようにしないといけません(笑)
写真はその一部。手前の2本がウインターシンフォニーの苗で、奥はボッコネイ交配の苗(花色は全く不明・・・)になります。
f0126932_23165742.jpg

by naka1md30 | 2014-01-14 23:23 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< クリスマスローズ開花株の購入 久しぶりのデコボコ日記 >>