新春房総林道ツーリング 前編 (WR250F)

今年最初のツーリングは、WRで房総の林道へ走りに行ってきました。
最近、走行ルートがマンネリ化してきてしまっているので(まあ、単独だとあまり無理はできないしな・・・)、今回は少しだけ趣向を変えて走ってみます。
そんなわけで、いつもよりもダートが少な目だった一方で、久々に倒木で転んだり、18年ぶりに走った林道があったりで、色々と面白い一日になりました。

まずはウォーミングアップがてらに鹿野山北麓のダートを走ります。
この日の朝の冷え込みは弱かったものの、日の当らない北面のルートは走っていても停まっても、どっちも寒いです・・・
f0126932_2264146.jpg


このブログで滅多に海が登場しないのは、実は自分が海を嫌っているからなのです。
千葉県民として海が嫌いなのは如何なものかという話は置いておいて、今回は本当に久しぶりに海辺にやってきました。
この場所は東京湾内でありながら、昭和の時代からすっかり時間が止まったような場所で、実は結構好きな場所だったりします。
それでもやっぱり海は嫌いだけどね(笑)
f0126932_2292645.jpg


一旦、海から離れて山(藪)の中へ。
去年の台風のせいか思いの外に倒木が多くて、油断していたら久々にスッテンコロリンしました(汗)
f0126932_22135376.jpg


再び海が見える場所で一休み。
西の方がどんよりと曇っていて、残念ながら富士山も丹沢も見えませんでした。
f0126932_22154777.jpg


東京湾の入り口に位置するこの場所は、幕末には幕府の砲台が設置され、戦前までは軍事的な要所として一般人の立ち入りができない地区でした。
当然、陸軍陸地測量部の地形図も軍事極秘の判が押された非公開扱いになっていました。
今ではグーグルアースでいくらでも衛星写真が見られるし、国土地理院の電子国土で地形図も見られるし、こうして自分の目で景色を見ることもできるようになりましたが、この場所の景色は開発から取り残されて昭和の時代からずっと時間が止まったままになっています。
f0126932_22175060.jpg


その後、昔の軍用道路の名残と言われているダートを走ってから、もみじロードへと移動。
いつもの自販機で一休みしていたら、WRのサブフレームが若干、左に曲がっていることが判明。
たぶん、さっきの倒木でコケたせいだ・・・
f0126932_2224176.jpg


気を取り直して、林道山中線をひと走り!
ここしばらく雨が降っていないので、路面が乾いていて思いっきり走っても濡れないのが嬉しい限り。
f0126932_22254664.jpg


いよいよ寒さが厳しくなるこの時期が房総の水仙のシーズンです。
道端の水仙は年末よりもだいぶ咲き進んでいました。
f0126932_22272937.jpg


房総の各所で咲いている普通の日本水仙は、こんな感じで一重咲きなのですが・・・
f0126932_22292596.jpg


群落の一角には、そこだけ八重咲きの株が咲き乱れているところがあって、なかなか面白い光景でした。
f0126932_22293130.jpg


林道大山横尾線~高山線をノンストップで走り繋ぎましたが、なぜか1台のバイクにも会わずじまい・・・
路面の方は相変わらず荒れていますが、年末よりも水溜りが少なくてだいぶ走りやすくなってました。
f0126932_22315188.jpg


時間が13時を回ってそろそろ腹が減ってきたので、林道柚ノ木線も一気に走り抜けて麓へと下ることにしました。
f0126932_22334726.jpg


正月の5日でお店が開いていない心配もありましたが、みんなみの里で無事に昼飯にありつけました。
正月とあって、さすがツーリングのバイクはかなり少なめでしたけど。
f0126932_22361154.jpg


後編へつづく
by naka1md30 | 2014-01-08 22:42 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 新春房総林道ツーリング 後編 ... ハイエース号15万km到達! >>