師走の房総林道ツーリング第二弾 後編 (WR250F)

先日の連休に走りに行った房総林道ツーリングレポートの後編です。

もみじロードを後にして、林道山中線を走ります。
先週走った時にはわずかに残っていた紅葉も、すっかり散ってしまっていました。
f0126932_23432653.jpg


林道大山横尾線にて。
冬至の日差しは弱々しくて、一番日が高いはずの時間帯でもこの状態・・・
先週に降った雨の影響なのか、至る所に水溜りができていましたが、気温が低いこの時期に水溜りに突っ込んで水浸しになると足元が冷たくて仕方がないので、水溜りを避けながら走るのが大変でした。
f0126932_23463062.jpg


すでにお昼の時間帯を迎えていましたが、そのまま道なりに林道高山線から柚ノ木線へ。
柚ノ木線の路面は、相変わらず荒れています。でも、少々荒れているぐらいの方が走っていて面白いから、これはこれで良いと思う次第です。
f0126932_23472930.jpg


柚ノ木線の麓側の出口にて。
このまま麓の舗装路に出ても面白くはないので、先週と同様にこの場でUターン(笑)
f0126932_23511075.jpg


房総の林道で良く見かける昔ながらの林道標識。
目立つこの色といい、形といい、そして何よりも手描きチックな「林道」の書体が何とも味があって良いのです。
林道高山線や柚ノ木線は、つい最近まで県有だったのですが、どうやら地元市町村へ移管がなされたようで、管理者が鴨川市へと変わっています。
f0126932_1671136.jpg


林道柚ノ木線の復路にて。
気がつくと、青空が消え寒々しい冬の雲が広がってきていました。
f0126932_23581420.jpg


そろそろ腹も減ってきたし・・・というわけで、再び高山線の入り口まで戻って、国道410号で一旦麓へと下ることしました。
木々の切れ間から望む、鴨川市街と太平洋。
f0126932_003472.jpg


こちらは、加茂川の谷越しに望む嶺岡山。
山頂にレーダードームがある左奥のピークが千葉県最高峰の愛宕山(408m)です。
f0126932_032271.jpg


鴨川で昼飯&給油を済ませた後、再び林道大山横尾線~松節線を走り、林道田取線へと走り繋ぎました。
写真は、林道田取線の途中にある愛宕山山頂(先ほどの嶺岡山の愛宕山とは別の山です。)から望む東京湾方面の展望です。
右奥が鬼泪山、東京湾のはるか向こうには丹沢山塊~大菩薩連嶺~奥秩父の山々が見えています。
f0126932_045033.jpg


同じく愛宕山山頂から望む鹿野山(右奥)と鬼泪山(中央~左奥)の展望。
中央のあたりがマザー牧場になります。
f0126932_0104457.jpg


次第に傾いていく日差しに急かされながら、林道豊岡線を走ります。
f0126932_0141964.jpg


途中、治山工事が行われている箇所があったものの、この日は日曜日だったこともあって休工中でした。
f0126932_0151210.jpg


林道山中線を抜け再びもみじロードへ。
f0126932_015474.jpg


ひとまず、暖かいお茶でも一杯・・・
と、少しのつもりで自販機に立ち寄ったところ、R1とDトラッカーに乗った方々がいて、しばらく雑談タイムに。
そんなこんなで長居してしているうちに時刻は15時半を回り、どんどん夕暮れが迫ってきます。
寒さに凍えながらトランポまで戻って撤収したのは、結局、今回も日没後になってしまいました・・・
f0126932_0162212.jpg


ひとまずこれで、年内のツーリングはおしまい。
正月は軽くR1に乗って、正月明けに再びWRで林道ツーリングに行く予定です!
by naka1md30 | 2013-12-28 00:24 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< バッテリー交換 (WR250F) 房総からの山岳展望 >>