R1で行く初冬の房総ツーリング 第二弾 (YZF-R1)

先週に引き続き、房総方面へ行ってきました。
箱根や伊豆の山では日陰のコーナーや橋の上に塩カルが撒かれ始め、走りに行っても全く楽しくないので、今年の山ツーのシーズンは終了です。
この時期に無理して走りに行って雪に降られた去年の二の徹を踏むわけにはいかない・・・

いつものように館山道を南下して、まずは鹿野山を流します。
先週の日曜日よりは車もバイクも少なくて、館山道の渋滞もありませんでした。
鹿野山山頂はご覧のとおりすでに冬枯れ状態。日陰の路面は夜のうちに降りた霜で完全ウエット状態でした。
f0126932_21183764.jpg


もみじロードの方は、先週よりも紅葉が進んでちょうど見頃を迎えていました。
こちらも日の当らない日陰の部分は路面がびしょびしょなので、慎重に走ります。
f0126932_21241252.jpg


志駒川流域の紅葉。
典型的な房総の山村風景に派手さはありませんが、何だかほっとする景色です。
f0126932_21255817.jpg


長狭街道経由で旧三芳村へ向かう途中の平久里集落にて。
前を何度も通って気になっていた神社の名前は平群天神社といい、梅の紋が記されているとおり、何と菅原道真公を祀る天神様でした。
こんな房総の真ん中に天神様があるのを初めて知りましたが、これも何かの縁。とりあえず、帰り道にゆっくりとお参りすることにして先を急ぎます。
f0126932_21284037.jpg


こちらは平群天神社脇にある昭和の香りのする木造建築。1955年(昭和30年)まで安房郡平群村役場だった建物です。
昭和の大合併で富山町が誕生する前、この辺りは安房郡平群村という一つの自治体で、この天神郷が村の中心地でした。
f0126932_21335540.jpg


旧三芳村経由で安房グリーンラインの南端までピューっと走ってUターン!
安房グリーンラインでは何やら地元のイベントが開かれていたらしく車で大渋滞。早々に退却してきました。
f0126932_21414895.jpg


再び道の駅三芳村まで戻ってきました。
時間は11時を過ぎ、そろそろ腹が減ってきたので、久々にビンゴバーガーで昼飯にすることにしました。
f0126932_21433113.jpg


今回注文したのはチリバーガー。
食べた後に前傾で走ることを考えると、今回もまたスーパービンゴバーガーを注文することができませんでした。ヘタレですんません・・・
f0126932_2146321.jpg


復路、平久里集落から見上げた房総の名山伊予ヶ岳。
伊予ヶ岳はなだらかな山が多い千葉ではめずらしい岩峰で、千葉県内で唯一、名前に「岳」がつく山でもあります。
f0126932_2148173.jpg


平群天神社入り口にある伊予ヶ岳の由来について記した案内板。
伊予ヶ岳の名前は、愛媛県の霊峰石鎚山から来ているそうです。
f0126932_2152433.jpg


そして、往路に立ち寄った平群天神社へお参りしてきました。
境内のイチョウが見事な黄葉をしていて素晴らしいの一言。
f0126932_21514471.jpg


もみじロードの紅葉もなかなか綺麗でした。
ただ、バイクをとめて写真を撮れる場所がなかなか無いのが残念なところです。
f0126932_21593063.jpg


こう見ると、房総の紅葉も捨てたものではありません。
f0126932_2201597.jpg


最後にいつもの自販機で缶コーヒーを飲んで一休み。
天気が良いのに、午後はなぜか他のバイクを見かけませんでした。
f0126932_221483.jpg


んっ!?自販機横のポスターにタイヤ交換の請求書or領収書の切れ端を貼ったのは誰っすか?
ポスターが見えないじゃん(笑)
f0126932_2231158.jpg


あまり道草ばかり食っていると日が暮れて寒くなってしまうので、最後に鹿野山を走ってから急いで帰宅。
ちなみに走行距離は前回とほとんど同じで、約270kmでした。
房総だと箱根・伊豆のようにがっつりとは走れませんが、のんびりとツーリングするのにはちょうど良いルートがたくさんあってオススメです。
f0126932_2245976.jpg

by naka1md30 | 2013-11-26 22:20 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 福島出張 伊予ヶ岳 >>