秋の福島・栃木県境林道ツーリング第二弾 後編 (WR250F)

前編からの続きです。

檜枝岐まで戻ってきて、ようやく14時を過ぎたところで昼飯です。
もちろん、いつもの開山でいつもの裁ち蕎麦!
ちなみに、この日の宿は写真に写っている開山のお向かいの「かねほん」だったのですが、トランポは2山を越えたところに置いてきてしまっているので、そこまで戻って再びこの場所に戻ってくるという、非常に無駄の多いルート設定になっております(笑)
f0126932_2050502.jpg


さあ、日が沈まないうちに先を急ごう。
今度は檜枝岐から栗山側へと川俣檜枝岐林道を走ります。
f0126932_20522658.jpg


馬坂沢の砂防ダムにて。
まだ紅葉の最盛期は迎えていませんでしたが、水量も多く、水面に映る枯れ木が美しかったです。
f0126932_20562642.jpg


田代山林道からは、往路には見ることができなかった日光連山を見ることができました。
f0126932_20595232.jpg


写真は、左側から女峰山、大真名子山&小真名子山、太郎山。
中央のやや右寄り奥には男体山も見えています。
f0126932_2114347.jpg


次第に傾いていく太陽を尻目にガシガシ走ります。
f0126932_215738.jpg


田代山峠からは、折り重なる会津の山々のはるか向こうに、白く冠雪した飯豊連峰が見えていました。
山の上の雪が麓へ降りてくるのもそう遠くない日なのでしょう。
f0126932_2165584.jpg


何とか17時前にはトランポまで戻ってくることができました。
が、片付けているうちに日が沈んでしまい、檜枝岐へ着いたのは結局、18時過ぎになってしまいました・・・
f0126932_2194946.jpg


今回は10年ぶりに檜枝岐泊だったのですが、残念ながら翌朝はザーザー降りの雨模様。
仕方なく翌日の林道ツーリングは諦めて、檜枝岐を後にしました。
f0126932_21115281.jpg


檜枝岐から千葉までザーザー降りの雨の中をひたすら下道で帰宅。
雨の中を運転するのは、車とはいえやっぱり疲れるな~
f0126932_2113125.jpg


おしまい。
by naka1md30 | 2013-10-25 21:17 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 箱根大観山にて 秋の福島・栃木県境林道ツーリン... >>