レンタカーで巡る会津の旅

東北出張の最終日は福島市内に泊まり、翌日に同僚とレンタカーで会津方面を旅してきました。
日中は暑くても、会津の空はすっかり秋の色になっていました。

まずは福島市街から土湯トンネルを抜けて猪苗代町へ。
写真は見慣れたチーズナッツの近所の蕎麦畑ですが、今回はそのまま通過しました。
f0126932_196439.jpg


天気が良かったので、猪苗代湖の志田浜へ行ってみましたが、さすがに湖に入っている人はいませんでした(笑)
気温の高かった先週だったら、湖水浴してみるのも良かったかもしれません・・・
f0126932_1911312.jpg


志田浜から見た磐梯山。
f0126932_19132812.jpg


猪苗代湖を後にし、国道49号で会津若松に向かいます。
f0126932_191458.jpg


会津若松に向かう途中、飯豊連峰が綺麗に見えていましたが、この時期でもまだかなりの雪が残っています。
f0126932_1915017.jpg


ひとまず会津若松は通過して、氷玉峠経由で大内宿へ向かうことにしました。
というのも、同乗していた同僚がどうしてもねぎ蕎麦を食べてみたいとのことで、大内宿を先に回ることになったのです。
f0126932_191727.jpg


大内宿周辺はススキの穂が風になびき、すっかり秋の気配が漂っていました。
f0126932_19211890.jpg


ちなみに、お昼は他の同僚がねぎ蕎麦を注文する中、ただ一人、もり蕎麦を注文しました。
まあ、ねぎ蕎麦はそんなに頻繁に食べるものでもないですから~(笑)
f0126932_1923320.jpg


腹もいっぱいになったところで、再び会津若松へと戻ります。
昨年、赤瓦に葺き替えられた鶴ヶ城を見るのが目的です。
f0126932_19273933.jpg


何とか閉館の30分前に入館することができました。
f0126932_1929441.jpg


天守閣から南方向の展望。
南走長屋越しに望む南会津の山々。
f0126932_19303525.jpg


天守閣から北西方向の展望。
会津盆地越しに飯豊連峰が望めます。
天守閣だけでなく、城内の他の建造物も赤瓦に葺きかえられているので、以前来た時とはすっかり雰囲気が変わっています。
f0126932_19325758.jpg


天守閣から北東方向の展望。
中央奥に飯盛山、さらにその奥に磐梯山が見えています。
f0126932_19344057.jpg


天守閣から南東方向。
中央手前が、会津戦争時に政府軍に奪われ、鶴ヶ城への砲撃の拠点となった小田山です。
大河ドラマを見てからこの場所に立ってみると、気持ちも新たに天守閣からの景色を見ることができます。
f0126932_19371965.jpg


赤瓦に葺き替えられて幕末の状態に戻された鶴ヶ城ですが、地元の方からは不評との話も耳にしました・・・
でも、時間が経てばきっとこの赤瓦の姿が当たり前の風景になっていくことでしょう。
f0126932_19395592.jpg


f0126932_19462333.jpg


f0126932_19463541.jpg


ちなみに、福島県のマスコットキャラクターの「八重たん」ですが、鉄砲を持ったバージョンや銃口を正面に向けているバージョンもあります。
かわいい顔して何気に恐いキャラなのかもしれません(笑)
f0126932_19464891.jpg


旅の終わりは、夕暮れの布引山へ。
布引山を訪れるのは、確か12年ぶりぐらいだったと思いますが、以前とは風景が一変、風車が乱立していました。
昔は本当に何もなくて、砂利道の林道を登ってたどり着いたのに、今や観光名所になっているようです。
f0126932_1947486.jpg


そして、最後に郡山でレンタカーを返して新幹線で帰ってきました。
ちなみに、車の運転は全行程を同僚にお願いしてしまったので、何だか楽々の旅になってしまいました。
Sさん、車の運転&案内ありがとうございました!
by naka1md30 | 2013-08-31 19:54 | 旅とツーリング | Comments(6)
Commented by ゆみり at 2013-09-01 10:11 x
とてもいいお天気でみごとな景色ですね。
東北方面は、関西方面からだと、時間や予算の関係で、
なかなか行くことが出来ず・・・(--;
nakaさんの写真見ていると、東北は無理でも、
どこか出かけたくなります!
Commented by naka1md30 at 2013-09-01 21:14
こんばんは。
そういえば、関西の知り合いが北海道には行ったことはあっても、
東北には行ったことがない!と言っていました(笑)
関西でも日本海側や紀伊半島方面には良いところがたくさんありますよね。
話は変わりますが、今回の旅の途中で花が薄緑色になったエゾアジサイの
自生地を見てきました。
自生地のアジサイはもう冬に向けて来年の花芽になる芽ができ始めていて、
暑さにバテ気味の家のアジサイとは大違いでした(笑)
Commented by ゆみり at 2013-09-03 21:36 x
エゾアジサイの自生地ですか~!!いいですね~♪
東北だと、あじさいも冬の準備とは、やっぱり同じ日本でも随分季節が違いますね。

あじさいの自生地って、気軽に見に行ける感じなのですか?
山の一人歩きはさすがに怖いので、なかなか自生地などを見たことがないんです。
地元神戸の六甲山の道路沿いは、自生してるのか植栽してるのか分からない感じですし(^^;

ここ数日の長雨で、外の雑草は元気いっぱい!我が家のベランダあじさいも、雨には当たらないものの、湿度確保で少しおだやかな表情です。
でも・・・今年も残暑厳しそうですし、まだまだ油断できませんねー。
Commented by naka1md30 at 2013-09-03 22:35
関東は相変わらず残暑が収まらず、アジサイの高温障害の被害が拡大中です・・・
個人的な感想ですが、ヤマアジサイの場合はあまり人目につかない山の中に自生している
(わざわざ見に行かないとあまり見られない)感じですが、エゾアジサイやタマアジサイは
山の中の道路脇に普通に咲いている感じがします。
たぶん、六甲山のように昔から人が入っているところだと、人間が植栽したアジサイ
が野生化している場合もありそうですね。
Commented by ゆみり at 2013-09-06 00:09 x
自生地情報ありがとうございます
ヤマアジサイの自生地見るのは、結構大変そうですね~。
また、いつか(いつになるのか・・・/汗)出来る範囲で自生地めぐって
みたいなと思います!
Commented by naka1md30 at 2013-09-07 22:50
関東ではあまりヤマアジサイを見られないので、余計に見るのが大変に
感じるのかもしれません。
関西だと日本海側では美方八重や鉢伏てまり、深山八重紫などが生まれた
産地もあるので、探せばきっと花が見られる自生地もあるのでしょうね。
<< 稲刈りの季節 三陸探訪 その1 (宮古~田老) >>