カノコユリ

8月に入って庭のカノコユリが満開になりました。
カノコユリは九州や四国に自生しているユリで、育てやすい強健種です。
写真は基本種。ヤマユリやオニユリよりも遅れて立秋近くに咲き始めます。
f0126932_22504997.jpg


こちらは、シロカノコユリ。
基本種にある赤い斑点がなく、純白の花色です。
さらに、シロカノコユリには雄しべの花粉が黄色の種類もあります。
f0126932_22531283.jpg


話は変わりますが、庭での蝉の羽化がピークを迎えています。
写真は今夜、羽化したばかりのアブラゼミ。
アジサイなどの庭木の枝に夜のうちに蝉の幼虫が登ってきて、朝には抜け殻が残っているのを毎日見かけるのですが、幼虫が土から出てくるところや羽化の様子を見られるのはそのうちの一部です。
f0126932_22563310.jpg

by naka1md30 | 2013-08-05 23:04 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< 土佐の歌姫 (ヤマアジサイ) 瓔珞タマアジサイ (タマアジサイ) >>