R1で行く新緑の南会津ツーリング (YZF-R1)

2日前に箱根へ行ったばかりなので、箱根じゃないところへ行こう!と決めたのが金曜日の夜。
とはいえ、パッと思いつく行きたい所もなかったので、漠然と志賀草津方面にでも行ってみるかな、と家を出て早朝の外環道に乗ることにしました。
外環道へ入ると、5時の段階ですでに関越道の渋滞が始まっているとの表示が出ていたので、何となく川口JCTから東北道に入って北上。
さらに、何となく福島にでも行ってみるか~と日光は通過し、西那須野塩原ICで下道へ。
この段階でようやく目的を檜枝岐の裁ち蕎麦に定め、南会津へと入りました。

南会津もようやく新緑の季節を迎え、これからが山菜採りと林道ツーリングに最適のシーズンです。
が!今回は革ツナギにレーシングブーツのフル装備なので、もちろん山菜採りはおあずけ。
もちろん、林道にも入りません(笑)
f0126932_23215382.jpg


旧舘岩村と檜枝岐村を結ぶ尾瀬小繋ラインからは、真っ白な会津駒ケ岳が望めました。
コシアブラ採りたいな~(泣)
f0126932_2353417.jpg


今年は冬の積雪が多かったのと春先の気温が低かったせいで、山にはまだたっぷりと雪が残っています。
この新緑と残雪のコントラストが何とも言えず美しいのです。
f0126932_23545735.jpg


檜枝岐には9時ごろに到着してしまったので、蕎麦屋が開くまで散歩でも。
というわけで、尾瀬玄関口の御池まで行ってみることにしました。
檜枝岐の中心部から山を登っていくと季節は一気に逆戻り!
道端には残雪が現れ、芽吹き前の冬枯れへ。
f0126932_0093.jpg


御池はご覧のとおりまだ雪の中。
ここから先、銀山平への道も冬季閉鎖中でした。
f0126932_044844.jpg


ふと、足元に目を落とすと、芽吹きたてのふきのとうが・・・
素揚げにすると美味いんだなこれが。蕗味噌もいいな~
しかしながら、この場所は尾瀬国立公園の中なので、見るだけで我慢です(笑)
f0126932_052525.jpg


再び山を下って檜枝岐へ。
この場所は、昔、登山をやっていた頃に何度も来た事があるので、とても懐かしいです。
その頃はまだ尾瀬国立公園ができる前で、日光国立公園の一部でした。
f0126932_081421.jpg


時間は10時半。
いつもの開山で裁ち蕎麦でも食うことにすっぺ!
f0126932_0104420.jpg


もう何十回食べたかわからないほどの裁ち蕎麦ですが、自分は必ず大もりを注文します。
今回は、おまけで「こごみ」をいただきました。
f0126932_0122556.jpg


さて、腹もいっぱいになったところで撤収開始。
まだまだ帰り道は長い・・・
f0126932_016345.jpg


と言ったそばから、30分も走らないうちに道の駅番屋に寄り道し、ソフトクリームを食べてしまいました(笑)
寄り道すんな!ここから先はトイレ休憩以外はノンストップで。
f0126932_0163568.jpg


今回の走行距離はこんな感じ。わずかに600kmに足らず、おしい!
かつてはCRMで日帰り750kmツーリングなんてこともやったことがあるので、日帰りツーリングで600kmなんてまだまだ甘いのですが、SSでのツーリングでこの距離を走ったのは初めてです。
まだまだ走れる感じなので、仙台日帰りぐらいはできそうな気がします。
絶対にやらないけど(笑)
f0126932_0192432.jpg

by naka1md30 | 2013-05-20 00:25 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 土佐遊蝶 (ヤマアジサイ) 雪の壁 >>