厳冬期のヤマアジサイ

朝の冷え込みがとても厳しい今シーズンの冬。
通常の年であれば、11月半ばから12月半ばにかけて葉が紅葉してからポロポロと散って冬枯れへと移行するはずのアジサイではありますが、今シーズンは11月末まで青々とした茎や葉が残り、12月の頭に襲来した大寒波で一気に葉が枯れてしまいました。
おかげで一部の株は、花芽や枝が無残な状態に・・・

アジサイの栽培にあたっては、12月に葉が枯れてから2月までの休眠期は、一見するとほとんどやることがないように思えますが、春の芽吹きに向けて非常に重要な季節です。
すっかり冬枯れになったヤマアジサイではありますが、茎と芽はしっかりと生きているので、この時期でも水切れは厳禁!
曇っていて湿気がある時などを除いて、日向に置いている鉢はほとんど毎日、水遣りをしています。
また、春に向けて1月から2月にかけてのこの時期に忘れずに寒肥を施します。
この場合も、肥料が春に咲く花色に影響するため、白花等の一部の株を除いて、花色に応じた肥料を使い分けないといけません(自分の場合は面倒なので、横着して市販の青花用と赤花用の肥料を使っています。あと、青花の種類には無調整のピートモス、赤花の種類には苦土石灰を施したりもします)。
f0126932_20271713.jpg

ちなみに、鉢がどれだけコチコチに凍っても全くへこたれないヤマアジサイではありますが、乾いた空っ風に当たると一発で芽飛び(枯死)を起こすので、基本的に家や塀の陰や植木棚の下など直接季節風の当たらない場所へ避難させています。
写真はヤマアジサイの伊予桜。この芽の中にはすでに今年咲く花芽ができているので、大切に!
f0126932_2034925.jpg

先週は、久々に千葉県でも積雪がありました。
ヤマアジサイは雪にも強いので、降雪自体にあまり心配は無いのですが、雪の重さや屋根からの落雪などでは枝が折れる大被害が出かねないので(先週の雪では、一部の枝が折れました・・・)雪が大量に積もった時は、雪を除けたり、鉢ごと安全な場所へ避難させたりします。
f0126932_20393578.jpg

昨年に挿し木したばかりの苗もこのとおり。
春まであと少しの辛抱ですね。
f0126932_20503097.jpg

by naka1md30 | 2013-01-19 20:56 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< さーむーいー 久々にご対面! >>