別子てまり (ヤマアジサイ)

愛媛県東部産のテマリ咲きのヤマアジサイ。
一部、両性花が残るテマリ咲きの花で、年によって花色・花型が変化する多様な顔を持った品種です。
桃色に薄水色が混ざる独特の色合い(虹系)がとても美しい花で、装飾花のガク片はナデシコ弁になります。
(2014.5.28)
f0126932_2112157.jpg


両性花が多くなると、半テマリの状態にもなります。
(2012.6.1)
f0126932_21351859.jpg


(2013.5.22)
f0126932_22225773.jpg


蕾の状態。
(2013.5.5)
f0126932_22253258.jpg


(2014.5.6)
f0126932_21182679.jpg


咲き始め。
(2014.5.16)
f0126932_21191999.jpg


この別子てまりは、頂芽だけでなく脇芽にも花をいっぱいつけてくれます。
(2012.5.27)
f0126932_21372157.jpg


(2014.5.20)
f0126932_2120713.jpg


名前についている「別子」とは、かつて別子銅山のあった愛媛県東部の旧別子山村(現新居浜市別子山)からと思われます。
(2013.5.23)
f0126932_22264035.jpg


【2014.11.6 写真を追加&文章の一部を修正】



* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2014-11-06 21:20 | アジサイ写真集 | Comments(2)
Commented by 絵の具 at 2014-11-07 19:15 x
おぉ。こんな花が咲くんですね。
西洋アジサイと交配して派手な花形になったら高級花鉢として人気出そうな色。
Commented by naka1md30 at 2014-11-07 23:10
そう、こんな感じの花が咲きます!
「こんな感じ」とアバウトなのは、毎年のように花色や花型が変化するからです。
それにしても、この薄桃色と薄青色の色合いは何度見ても面白いです。
園芸アジサイだと、ホバリアホベラが同じような色合いでしょうか・・・
<< 南いわきの林道へ 屋久島 (ヤマアジサイ) >>