四国の旅 その4 ~帰途へ~

ようやく林道を走れたと思ったその夜、原因不明の腹痛に襲われました。
結局、明け方までほとんど眠ることができず、土砂降りの雨音を聞きながら朝を迎えました。
できればもう一走りぐらいしてから帰りたかったのですが、体調も天気も良くなる気配が無かったので、予定より2日早く帰途につくことにしました。

帰る途中、せっかくなので須崎の横浪黒潮ラインに寄り道。
海は北上する台風15号のせいで荒れていました。
f0126932_2130748.jpg

のどかな海沿いを辿って高知へと向かいます。
このあたりも南海トラフの巨大地震では大津波に襲われてしまう想定になっているのですが、三陸沿岸に比べると防潮堤がずっと低くて、水門が無い所も結構ありました。
どうせ、20mを超えた津波が来れば人の力では防ぎようがないのかもしれないけれど、できれば昨年3月に見たあの光景はもう二度と見たくない。
f0126932_21373214.jpg

仁淀川河口大橋を渡って高知市へ。
一向に腹痛が良くなる気配がないので、桂浜はパスして高知市内で薬を購入後、そのまま高速道路に乗ってしまいました。
さよなら高知。今回も忘れ物をいっぱいしてしまったので、また来るぞ!
f0126932_214359.jpg

高知を発って4時間、ようやく本州が見えてきました。
f0126932_2147134.jpg

帰りも行きと同じ明石海峡大橋を渡りました。
それにしても、瀬戸内は高知の悪天が信じられないほど天気が良いです。
f0126932_21494777.jpg

途中、何とか昼飯を食べたり温泉に入ったりしながら滋賀県の琵琶湖までたどり着きました。
f0126932_21513097.jpg

この日の宿は近江八幡ユースホステル。
体調を考えると夜通し走って帰るのもつらかったので、このあたりで一晩泊まっていくことにしました。
記憶が定かではないですが、たぶん7、8年ぶりの再訪になります。
f0126932_2154620.jpg



翌朝。ようやく腹痛も良くなってきて一安心。
旅の最後に多賀大社へお参りしてから帰ることにしました。
f0126932_21562227.jpg

朝6時台の早い時間だったので、他の参拝者はおらず、門前の名物の糸切餅を買うこともできませんでした。残念!
f0126932_2158911.jpg

関ヶ原から名神道へ乗り一直線に関東へ・・・とはいかず、成り行きで磐田インターを降りる。
f0126932_2204827.jpg

何の下調べもせずにヤマハ発動機本社のコミュニケーションプラザへ行ってみたのですが、この日は休みでした。残念無念。
とはいえ、後に乗っているWR250Fはこの場所から北米に出荷されたわけで、その後回りまわって自分の所へやってきて、久しぶりに里帰りしたことになるわけです。
f0126932_2222929.jpg

最後の最後にヤマハのテストコースの入り口も冷やかしてきました(笑)
f0126932_226739.jpg

というわけで、全く持って不完全燃焼に終わった四国の旅もこれでおしまい。
往復で2,256kmも走った割には残念な結果に終わってしまいましたが、そのうちまた走りに行くことにしましょう。
それはさておき、高速代とガス代を全てカード決済で済ませてきたので、来月の請求が恐ろしくてなりません・・・

おしまい
by naka1md30 | 2012-09-05 22:11 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 収穫の季節 ハイエースで箱根! >>