ガクアジサイ

庭のヤマアジサイは、紅額や甘茶などの一部を残してすっかり花が終わってしまいました。
現在は、代わってガクアジサイが満開になっています。
f0126932_23353792.jpg

ガクアジサイの野生種は、房総半島、三浦半島、伊豆半島の沿岸と伊豆諸島を中心に生えていて、別名ハマアジサイとも呼びます。
ヤマアジサイと比較すると、ヤマアジサイの場合は葉に光沢が無いのに対して、ガクアジサイは光沢があって、全体的に株が大きくなります。通常、アジサイというとこのガクアジサイを指していて、今の時期に道端や人家の庭で満開になっているのは大抵このガクアジサイです。
ちなみに、下の写真は旧印旛村のあじさい通りのガクアジサイ(6月24日)。
f0126932_2336161.jpg




【三河千鳥(天竜千鳥)】
静岡県産。
いきなり初っ端に基本種とは異なる花を持ってくるのもいかがなものかとは思いますが、家にはガクアジサイが少ないので・・・
この花は非常にめずらしい咲き方をする花で、装飾花が無く、両性花だけのテマリ咲きになります。
一見、花に見えているのは全て両性花のガク片で、咲き終わると下方向に反り返ってしまいます。
f0126932_23404026.jpg

【伊豆の華】
静岡県伊豆半島東海岸原産。
きれいな八重咲きのガクアジサイ。
今年は装飾花、両性花ともきれいな紺色に咲きました。
f0126932_23453897.jpg

【ブルースカイ(ブラウマイゼ)】
スイスで改良された里帰り種。
今年、新たに購入しました。
f0126932_2359256.jpg

品種名不明。
もう20年以上前から庭にある桃色ナデシコ弁のテマリ咲き種。
年によっては、多少紫がかった色で咲くこともありますが、安定してピンク色の花が咲きます。
f0126932_001712.jpg

品種名不明。
我が家にあるアジサイの中で最も古くからあると思われる株。もしかしたら、自分が生まれる前からあったのかもしれない・・・
最初は真っ白ですが、咲き進むと薄い水色になります。
f0126932_023198.jpg

品種名不明。
花も株も非常に大柄で、毎年、紺色~紫~赤紫と、花色が変わります。
f0126932_042756.jpg


最後におまけ。
こちらは、最近良く見かけるようになったアナベル。
このアジサイは日本産ではなく、北米産のアメリカアジサイの品種です。
通常のアジサイは前年の秋に花芽が作られるのですが、このアナベルは春に新しく伸びた枝に花がつく「新梢開花」の特徴があるので、秋以降に剪定しても花が咲きます。
f0126932_065522.jpg

by naka1md30 | 2012-06-25 00:10 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< 久々の林道! 印旛のあじさい通り >>