ヤマアジサイ (八重咲き)

続いて八重咲きです。
写真は、今年で3年目の株になる深山八重紫。
f0126932_037446.jpg




【綾】
石川県産。別名「八重エゾ」。
ヤマアジサイではなくエゾアジサイの八重咲き種なのですが、樹形は小型です。
今年初開花で、何とか一つだけ花が咲きました。
両性花は開花前に脱落し、装飾花だけになります。
f0126932_039836.jpg

【剣の舞】
徳島県剣山産。別名「剣山八重」。
今年、開花中の株を購入してきたので、花色は初めからピンク色でした。
ただ、元々は薄い青色に咲かせるのが標準なようなので、来年は青く咲かせてみようかと思っています。
f0126932_0414628.jpg

【胡蝶の舞】
兵庫県美方郡の扇ノ山産。別名「扇八重」。
こちらも開花中の株を購入してきたのですが、まだ株が貧弱なので花が小さいです。
どうやら、かなりの大輪にもなるようなので、剣の舞同様に来年に期待です。
f0126932_046566.jpg

【七段花】
兵庫県六甲山産。
この株は去年、花の咲いていない状態のものを購入したため、花を見るのは今年が初めて。
まだ真ん中の両性花が残っています。
f0126932_0521131.jpg

【深山八重紫】
京都府南丹市(旧美山町)堀越峠産。
八重の装飾花は大きめ。ちなみに、両性花は最後まで残ります。
f0126932_0544179.jpg

【石鎚の光】
愛媛県石鎚山産。
両性花は全て脱落。写真だと花色がいまいちではありますが、うっすらと真ん中が青みがかったピンク色になっています。
f0126932_0594919.jpg

【美方八重】
兵庫県美方郡鉢伏山産。
花色は澄んだ青色で素晴らしいの一言。
両性化は脱落せずに残っています。
f0126932_144394.jpg

【坊が鶴紫八重】
美方八重に比べると、小さな八重咲き。
今年の春に購入して初めての花なので、少々貧弱ではありますが、来年に期待です。
f0126932_1143185.jpg

【木沢の光(乙女の舞)】
徳島県那賀町(旧木沢村)産。
これがアジサイかと思うぐらい木が小さく、葉も花も小型です。
通常、乙女の舞の名称で販売されていることが多いのですが、かつてランクルで剣山スーパー林道を走った頃の木沢村の思い出が残っている自分にとっては、やはり木沢の光という名称で呼びたいです。
f0126932_10211791.jpg

by naka1md30 | 2012-06-03 09:35 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< YZのメンテ ヤマアジサイ (一重咲き その2) >>