ヤマアジサイ (一重咲き その2)

梅雨入り前を迎え、いよいよヤマアジサイが満開になってきました。
f0126932_22124951.jpg




【トカラの空】
ヤマアジサイとトカラアジサイの交配種。
この株の特徴なのかもしれませんが、装飾花がかなり大きめ。
f0126932_21303299.jpg

【伊予白】
愛媛県産。ナデシコ弁の装飾花と両性花のいずれも白花。
ちなみに、名前の読み方は「イヨハク」。
花はかなりコンパクトです。
f0126932_21344943.jpg

【紅】
長野県南伊那郡産。
咲き始めは真っ白ですが、両性花が咲き始める頃から装飾花がうっすらと色づき始め、最終的にはその名のとおり、装飾花が真っ赤になります。
名前の読み方は「クレナイ」。
f0126932_213620100.jpg

【薩摩紫紺】
鹿児島県産。
装飾花、両性花のいずれもきれいな青色。
この株は日向に置いてあるので、葉が黒っぽくなっています。
f0126932_21391358.jpg

【酔湖の絣】
装飾花、両性花ともきれいなスカイブルー。
装飾花にはうっすらと白い絞りが入ります。
f0126932_2141148.jpg

【瀬戸の月】
高知県産でヤマアジサイとコガクウツギの自然交雑種。
今年はきれいな藤色に咲きました。
f0126932_21433376.jpg

【瀬戸の夕日】
「虹」と「紅」との交配種とのことですが、詳しい素性はわかりません。
今のところ、装飾花はピンク色にうっすらと薄い青色が入っている状態ですが、最終的には紅のように赤く変化していくようなので、楽しみです。
f0126932_21471884.jpg

【静香】
静岡県産。
咲き始めは黄緑色からクリーム色ですが、だんだんと普通の白花になりつつあります。
花着きは良い感じ。
f0126932_2150131.jpg

【天主の紅】
大分県産。
土壌のPH値次第でかなり色が変化するようですが、今年は名前のとおりきれいな赤紫色に咲きました。
f0126932_21512093.jpg

【土佐の海】
高知県産。
花は全体的に小さいです。
今年は風と雨で痛んでしまい、少々残念な咲き方になってしまいました。
f0126932_21532957.jpg

【土佐涼風】
高知県産。名前の読み方は「トサスズカゼ」。
装飾花がめずらしい細弁で、両性花は白色です。
f0126932_21544838.jpg

by naka1md30 | 2012-06-02 22:03 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< ヤマアジサイ (八重咲き) 箱根・伊豆ツーリング 第八弾 ... >>