秋の上州ツーリング (YZF-R6)

今回の三連休はどこへも行かなかったので、連休明けの平日にR6でツーリングに行くことにしました。
とはいえ、出発まで行き先を決めていなかったので、とりあえず三郷から外環道に乗って、あとは成り行きで東北道か関越道方面にでも。
相変わらずいいかげんなものです。
f0126932_2334174.jpg




東北道の分岐にて前を走る遅い車が東北道方面へ行ったので、自分はそのまま直進!
結局、関越道方面へ。
しかしながらその約40分後、関越道にて覆面パトカーに捕まり、青い切符ともれなく付いてくる振込用紙をいただいてしまいました。
自分も色々と悪いんだけどさ、やっぱり凹むよね。ツーリングの行きに捕まると(泣)

というわけで、朝飯でも食おうかと思って駒寄PAに寄ってはみたものの、飯を食う気にはならず、缶コーヒーを飲んだだけで先へ進むことに。
f0126932_23404788.jpg

渋川伊香保で高速を下りて榛名山上へ。
平日のためか、空いていてとっても快適なのですが、朝の一件が尾をひいていて、いまいち楽しむことができません。
f0126932_23493316.jpg

そのまま裏榛名経由で一気に万座ハイウェーへ。
天気も良いし、山道を走っているうちに少しづつ気が晴れてきました。
ちなみに、今回は毛無峠に行くのはやめました。またダート走行になっちゃうので(笑)
f0126932_2354516.jpg

志賀草津道路の渋峠にて。
渋峠ホテルの壁が真ん中で色が変わっているのは群馬と長野の県境が真ん中を通っているかららしいです。
うーん、固定資産税は半分づつ払っているのかな?朝の警察官並みに野暮なのでやめておこう。
f0126932_23573761.jpg

志賀草津道路はすでに冬の装い。雪はなかったものの紅葉はすでに終了してました。
しかも、結構寒いです。
f0126932_021291.jpg

いつものように草津温泉はパスして野反湖へ。
そしていつものように峠の茶屋でコーヒーセットを注文しました。
f0126932_0231498.jpg

今回は六合から中之条へ抜ける暮坂峠経由で帰ります。
ここはいつ通っても静かで良いですね。
f0126932_0262831.jpg

暮坂峠にある若山牧水の「枯野の旅」の歌碑。
秋のこの時期に改めて読んでみると、秋山の情景が浮かんできて良いものです。
って、完全に油断しきってますが、この後この日二回目の冷や汗をかくことになろうとは・・・お家に帰るまでがツーリングですから、油断は大敵というお話。
f0126932_0313044.jpg

暮坂峠の下り道、コーナーを結構なスピードで曲がったら、その先の舗装が剥がされていて完全な砂利道に・・・
ひーん、今日こそはダート走行しないはずだったのに!!
ブレーキかけるとコケること必定だったので、そのまま突破しました(汗)

帰り道も裏榛名から榛名山上まで登り、再び渋川伊香保ICから関越道に乗って帰ってきました。
走行距離は約570km。
R6にもだいぶ慣れてきたのか、走ること自体では全然疲れないのだけれど、朝飯昼飯抜きの精神的にとっても疲れたツーリングになってしまいました。
f0126932_036422.jpg


※おしまい※
by naka1md30 | 2011-10-16 00:45 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by ken39 at 2011-10-16 20:44 x
学生時代は行き先不明の突発的ソロツーをよくやりましたが、今は、、、。
いつかは自分もスーパースポーツ車に乗ってぶらり東北あたりにツーしたいです♪
あ、でも自分の場合は男臭いネイキッドかな^^
Commented by naka1md30 at 2011-10-17 20:57
あてのない旅良いですよね~
ken39さんもSS1台どうです?(笑)
ただ、無計画に走りに行くと今回みたいに無駄な出費が増えてしまうので、
いっそのことR6もトランポツーリングにしてしまいますかね~
ハイエースだったらさすがに免許がなくなることはないでしょうし。
<< 落胆 初冬の野反湖 >>