早春の房総林道ツーリング その1 (WR250F)

先日の事故から10日ほどが過ぎ、怪我の方はだいぶ良くなってきました。
精神的にはまだまだ凹んでいるのですが、いつまでも家に篭っていても仕方がないので、気晴らしとリハビリを兼ねて、走り慣れた房総の林道を軽く流してくることにしました。
それにしても、こうして普通に生きていること、また五体満足でバイクに乗り続けられることのありがたさ、そんな当たり前のことを今更ながらつくづくと実感している次第です。


この連休は雪の降るあいにくの天気でしたが、自宅の辺りではほとんど積もらなかったので、今回は完全に油断しきってました。なので、館山道を南下していくと木更津の先で正面に見えてくる鹿野山が白くなっているのを見て少々びっくり。
温暖な房総で雪が積もるなんてことは滅多にないんですけどね。どうやら鹿野山などの山沿いでは結構降ったみたいです。
このとおり山沿いは真っ白で、北側の谷沿いのルートなどは路面が凍っていたりして結構冷や汗ものでした。
f0126932_22542878.jpg

鬼泪山の展望ポイントからは、富士山と冠雪した丹沢山塊(右)、それから遥か離れた南アルプスの荒川(悪沢)岳と塩見岳(中央奥)がはっきりと見えていました。
ちなみに、ここから南アルプスを見ることができたのは今回で2度目です。
あと、どうでも良いことではありますが、中央手前に見えている館山道が渋滞しまくってますねー(笑)
f0126932_22544340.jpg

鬼泪山林道も登っていくにつれてだんだんと積雪が増えていく感じでしたが、幸い凍結はしていなかったので、走るのに支障はなかったです。
f0126932_22574698.jpg

お次は少し南下して竹岡林道へ。
それにしても、竹岡林道の入り口の素堀りトンネルはいつ見ても見事です。
房総にはこんな感じの手掘りのトンネルがたくさんありますが、「トンネル」なんて呼ぶよりも、「隧道」と呼んだ方が何だかしっくりくる気がするんですよね。何かおどろおどろしい感じというか・・・(笑)
f0126932_22593137.jpg

ちなみに、竹岡林道の路面状況は全線にわたってこのとおり。
まあ、これぐらいの荒れ方じゃ驚いたりはしませんが、この道が現役の林道だと考えると、これはちょっとなーという荒れ具合です(笑)
f0126932_2342492.jpg

海に近い金谷元名林道や山中林道は日の当たる南面のおかげかほとんど積雪がなかったものの、内陸の大山横尾林道は結構、雪が残っていました。
ちなみに、こちらの方も路面の状況は相変わらず酷かったです。
f0126932_2374254.jpg

大山横尾林道を抜けたところでちょうどお昼時になったので、一旦麓へ。
この時期は房総の観光シーズン真っ只中なので、海沿いにあるいつもの魚料理のお店は大混雑間違いなし・・・というわけで、もう何年も前から前を通って気になっていた長狭街道沿いのお店へ行ってみることにしました。
場所は長狭街道の一番奥、県道がちょうど山を越えて鴨川市から富津市に入る辺りにある「丸太小屋」というピザ屋さんです。
f0126932_23102534.jpg

自分が行った時はお昼時を少し過ぎた13時頃でしたが、店内は結構混んでました。
今回はメニューの一番上にあったチョリソーピザを注文してみましたが、生地がうすくてカリカリに焼かれた手作りピザで、自分的にはお気に入りのお店になりそうです。
次回行った時には、メニューで気になったパスタとねぎピザとかも注文してみたいですね。
f0126932_23221847.jpg


つづく
by naka1md30 | 2011-02-14 23:31 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by ken39 at 2011-02-15 19:03 x
房総とは思えない景色です。
富士山も凄く綺麗で、透き通った空気や気温の低さが伝わってきそうです。
事故は何かと煩わしいですけど、撥ね退けて楽しみたいですね!
私もリハビリがんばってます!
Commented by naka1md30 at 2011-02-15 23:30
温暖な房総でも鹿野山の辺りは意外と雪が積もることが多いみたいですね。
特に山頂の神野寺の辺りはすごいことになってました・・・

事故は後始末が本当に面倒なので、相手が居るという点においてはレース中とかコースでの怪我
の方がよっぽどマシかもしれません。
今回は幸いなことにしばらく治療すれば治る怪我で済んだようなので(一応、まだ経過待ちです。)、
怪我と事故に気をつけつつ徐々に復活したいと思います。
ken39さんもリハビリ頑張って、ぜひWRでツーリング行きましょう。お待ちしていますよ!
<< 更に酷くなった… 房総の穴 >>