初冬の北いわき林道ツーリング その2 (WR250F)

さて、何とか浅見川林道から抜け出てお次のダートへ。
ええっと、どうやって出たかはさておき、レースに出て色々と失敗して痛い目に遭った経験はこういう時に生きるんだなーと思いました(笑)

次に走ったのは、県道が開通する前の麓と山間の集落とを結んでいた生活道路の名残のダート道。
この道、結構倒木があったりもするのですが、役目を終えた廃道がこれだけしっかりと残っているのは貴重ですね。
実は、途中にあった倒木の谷側を強引に通過するしかない場所でツルっと後輪を落としてしまって冷や汗をかいたりもしたのですが、良い汗かきました。
f0126932_2264365.jpg

ここで、自分がかつて走ったことがある道が赤で書き込まれた5万分の1の地形図を見ると、自分がいる場所の周辺に全く記憶に無い道が何本か書き込まれている・・・うーん、とりあえず行ってみるか!
って、初っ端からいきなり雰囲気が怪しいんですけど・・・
f0126932_22174627.jpg

ほら、やっぱりね。
f0126932_22214927.jpg

しょーがないから、こっちから行きますか。
何とか無事に反対側に抜けられました!
f0126932_22221781.jpg

広野から楢葉にかけての林道を2本ほど走り繋いだ所で、給油のために一旦下山。
最後のひと走りは、乙次郎林道になりました。
f0126932_22258100.jpg

途中、乙次郎林道から振り返ると、はるか向こうに太平洋と沖を行く船が見えました。
白い煙突は広野の火力発電所でしょうか?
f0126932_22272731.jpg

暮れゆく夕日に照らされる紅葉があまりにもきれいだったので、WRのエンジンを止めてしばらく見上げてしまいました。
f0126932_223151.jpg

今回のツーリングは、乙次郎林道で川内村に戻ったところでおしまい。
本当であれば、さらに滝谷林道と井出川林道も走りたかったのですが、日が沈んで寒くなる前に上がるのが吉です。
f0126932_22324777.jpg

最後はもちろん、かわうちの湯で温泉に入って新蕎麦を食べてから帰ってきました。
うん、やっぱりツーリングの締めは温泉と蕎麦に限りますね(笑)
by naka1md30 | 2010-11-23 22:39 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by Takayan at 2010-12-07 16:58 x
なに~川内村?一人ギャロップだな
もう来年の練習ですか?凄い(笑)

行きたかったな~来年になるけど
行こうね♪
Commented by naka1md30 at 2010-12-08 22:37
激下りとかはないので、ギャロップよりは楽です。
でも、100kmでも200kmでもいくらでもコースが設定できるので、
そういった意味では大変かも(笑)
<< 久しぶりのデコボコ 初冬の北いわき林道ツーリング ... >>