CBRで行く秩父多摩甲斐ツーリング (CBR600RR)

昨日の文化の日は、成り行きでタイトルどおりのツーリングでした。

実は文化の日が休みになったのは、5年ぶりたっだんです(昨年までは毎年お仕事でした。)。
せっかく5年ぶりにお休みできたことですし、起きてみたら天気も良かったので、とりあえず7時半に家を出発。
まあ、この時点では出発時間も遅いので房総にでも行ってみるか~
ぐらいの気持ちだったのですが、なぜか空を見たら外環道へ入って秩父方面へ向かってました(笑)

そんなわけで、CBR600RR初の県外ツーリングとなったわけですが、途中、事故渋滞やら観光渋滞やらで、朝ごはんを食べられたのが、家を出てから約2時間後、横瀬の道の駅あしがくぼでした・・・
ちなみに、道の駅も大混雑!4輪も2輪も駐車場は満車です。
f0126932_21441332.jpg

その後も荒川のそばまつり渋滞に巻き込まれたりして、やっとこさ奥秩父へ。
紅葉はというと、期待していたよりも外れかなー。まあ、天気が良いので贅沢は言わない方向で。
f0126932_21465591.jpg

12時前に雁坂トンネルを通過。
何だか帰りを考えずにどんどん遠くへ向かっている気はするが、あの渋滞の中を戻りたくはない!というわけでGO!
このトンネル・・・クレジットカードが使えないものだから、出口の料金所でつり銭ばら撒いてしまいました(泣)
f0126932_21512885.jpg

そして、やってきました山梨県!
天気は申し分のない秋晴れです。
f0126932_21553538.jpg

山梨といったら、富士山!!
やっぱり富士山は冠雪した姿が一番きれいですね。
f0126932_21565439.jpg

牧丘からは、塩山フルーツラインで勝沼へ。
この辺りは昔さんざん走ったことがあるので、地図が無くても走れてしまうんです(笑)
途中、甲府盆地と南アルプスが一望できる場所があるので、記念に一枚。
f0126932_2211798.jpg

上の写真だけだと、山に興味が無い人は全部"ただの山"にしか見えないと思うので、カシミールで同じ場所の展望図を作ってみました。
f0126932_2271813.jpg

で、これが南アルプス南部の拡大写真。
左から笊ヶ岳、上河内岳、聖岳、赤石岳、悪沢(荒川)岳ですね。
f0126932_228837.jpg

こちらは北部の拡大写真ですが、中央手前が甲府市街、中央奥の冠雪している山並みが白根三山(左から農鳥岳、間ノ岳、北岳)です。
f0126932_22105983.jpg

さて、だいぶ日が傾いてきたのでそろそろ帰らないといけません。
と言いながら、14時に笹子峠の旧道を越えて大月へ。
さらに国道139号線で松姫峠を越えて小菅、奥多摩経由という、非常に面倒くさい帰宅ルートを走ってしまったのはなぜだろう・・・
ちなみに、日が暮れて寒~くなってきたので、笹子峠から青梅までは2時間ノンストップでした。
f0126932_22131329.jpg

最後は、久々にガレージコジマさんのところにお邪魔して、お茶をいただいて帰途へ。
f0126932_22185875.jpg


というわけで、初のCBR600RR県外ツーリングは、410km走って首やら、腰やらあちこちが筋肉痛になりました。
やっぱりオフロードとは使う筋肉が違うみたいです。
ああ、それからスタンディングで走れないので、久々に尻もヒリヒリになりました。

今更言うのも何なのですが・・・どうして家にはこう長距離ツーリングに向かないバイクしかないのか(笑)
by naka1md30 | 2010-11-04 22:25 | 旅とツーリング | Comments(4)
Commented by やまちゃん at 2010-11-05 11:19 x
>笹子峠の旧道を越えて大月へ。
落ち葉だらけだし路面にコケ生えてなかったかな???
自分はKLXだったから大丈夫だったけどCBRだと怖そうですね。
Commented by naka at 2010-11-05 21:08 x
コケはほとんど生えてなかったですが、落ち葉だらけで
石ころやら木切れがいっぱいで危険が危ない状態でした(笑)
WRだと石ころや木切れぐらいじゃ、そのまま突っ込んで
いってしまうけれど、CBRだと怖いですねー
Commented by at 2010-11-08 22:53 x
南アルプス、きれいですね~
雪はまだチラホラですね。
山は良いです。いつ見ても癒されます。
Commented by naka1md30 at 2010-11-08 23:32
同感です!
自分が車やバイクに乗るようになったきっかけは、知らない峠を越えた
先に見える色々な山や景色を見てみたいと思ったことですから!

>山は良いです。いつ見ても癒されます。
<< 対向車が来ない理由 錦秋の南会津林道ツーリング そ... >>