2009北海道の旅 その7 亀田半島林道ツーリング

翌朝は、思いっきり寝坊したので、起きた時にはすでにだいぶ日が高くなってました・・・
自分が寝ている間にumiさんが港まで行って採れたてのイカを買ってきてくれて、朝から贅沢なイカそうめん!
朝の一発目からもう、最高でした。

10時ごろだったかな、海沿いにあるumiさんの家を出発して、そのまま裏山へ。
まずは、林道から作業道、そしてウッズの登りや沢渡りもある楽しいルートを走りましたが、それがまた関東ではなかなか走れないようなルートで、むちゃくちゃ楽しかったです。
しかも、この山は通称umi山と言うらしい・・・(笑)
f0126932_18562163.jpg

そして、稜線の林道を走って津軽海峡の見える山の頂へ。
この日は対岸の下北半島がくっきり見えていて、大間崎の弁天島灯台や大間の町並みはもちろんのこと、遠く津軽半島の山並みまでもが見えていました。
f0126932_18563515.jpg

はるかに望む木古内町には雨が降っていました。
f0126932_1921061.jpg

さらに、稜線沿いの林道を走って、一旦道道に出てから再び山の中へ。
さっきまで立っていた山の頂がどんどん小さくなる!
f0126932_1932785.jpg

亀田半島には網の目のように林道があって、知らない人間が地図無しで入ったら迷うことは必定なのですが、今回はumiさんが案内してくれたので、その心配はなし!
f0126932_199465.jpg

稜線沿いの林道はさらに続き、だんだんと両側に海が見えてきて、いよいよ半島の先っぽに近づいているんだなーと実感しました。
写真に撮ることができないのが残念ですが、左手には噴火湾とその向こうに羊蹄山や室蘭、右手には津軽海峡と下北半島が見えていて、景色に見とれて林道脇の笹薮に突っ込んだのはないしょです(笑)
f0126932_1912359.jpg

林道を80kmぐらい走ったところで、道はようやく山を下って椴法華へ。
f0126932_19192036.jpg

今年こそは!と思っていた水無海浜温泉はというと・・・残念ながらご覧のとおり。
1時間ぐらい遅かったらしく、すでに波の下でした(笑)
f0126932_19215274.jpg

さて、気を取り直して、岬の裏っ側の温泉を目指します。
途中の舗装林道からは津軽海峡の向こうに尻屋崎~恐山~大間を一望!
f0126932_19242692.jpg

次に向かった御崎の浜の湯は、防波堤とテトラポットの間にある温泉で、湯加減がちょうど良くて、最高でした。
・・・でもね、湯から上がった後に汗と泥にまみれたウエアとか装備とかを着けたら、すべてが台無しだと思うんですよ(泣)
f0126932_19273924.jpg

温泉の後も林道や作業道を走って帰り、程よく疲れたところでおしまい。
umiさん、本当にどうもありがとうございました。ぜひまた、一緒に遊んでください!

そして、umiさんと別れた後は再び一人で函館の街へ・・・
f0126932_19352310.jpg

by naka1md30 | 2009-09-20 20:02 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by umi at 2009-09-22 11:25 x
nakaさん、いろいろとご馳走さまでした。
せっかく宿代浮いたのに、余計に気を使わせちゃったかな?
次こそは水無海浜温泉に入りに行きましょうね!!

俺もなまら楽しかったですよ(^_^)v
Commented by naka1md30 at 2009-09-23 22:15
こちらこそ、突然の訪問にもかかわらずお世話になりました。
また海浜温泉リベンジに行きます。次こそは3度目の正直で!(笑)
お母さんとチームスピードの皆様にもよろしくお伝えください。
<< 秋祭り一日目 秋祭り行きます! >>