2009北海道の旅 その3 HTDE-DAY2~ファイナルクロス

そして2日目。
昨晩から朝にかけて降った雨は相当多かったらしく、パドックが水浸しでした。
うーん、昨日の後半に荒れたコースはいったいどうなっているのか?しかも逆周り?
あれこれ考えると朝飯も喉を通らなくなるので、もう考えるのはやめにしました(笑)
7時になって発表されたタイム設定は一番短い「A」設定だったので、K島さんとは難所はカットされていて林道と舗装路ばかりになっちゃってるんですかねーなどと話したりしていました。
f0126932_21401328.jpg

スタートしてしばらくは昨日のルートをそのまま逆走していき、ダンチCTへ。
ダンチCTは轍が深くなっていて、しかも滑りやすくて、朝っぱらからテスト内で3回もコケてしまいました。
は~、やっちゃったな。などと考えながらTC1へ向かっていて、ふと時計を見ると指定の時間まで残り2分しかない!
で、急いで川を渡ってTC1へ。
f0126932_21452737.jpg

・・・いきなり1分遅着しました。
直接の原因は、↓川渡りの手前でのひとコケなのですが、さっきのCTのダメダメ具合と合わせてかなり凹みましたね。
(結局、この区間のルートの遅れは後から全てキャンセルされましたが、この時点では知る由もなし。)
f0126932_2151918.jpg

そして、次の沙流川のETへ。
ET内も昨夜の雨でかなり荒れていて、とてもテストとは思えないヘロヘロな走りで後半に差し掛かったところ、コーナーを抜けた先の一番外側がものすごく掘れていて、しまった!と思った時には轍の中にWRを落としてしまっていました。
最初のうちは、何とかWRを出そうと手を尽くしてみましたが、どんどん状況を悪化させていくばかり。
ふと、昨日の下見の時にたしかスケテツさんだったかな?「こういうところで路面が荒れた時はインインで走れば良いんだよ。」と言っていたのを思い出して、ああまさにその通りなんだなーと今更ながらに実感しても、時すでに遅し・・・
当然、テスト内なので誰も止まってくれるわけもなく、止めるわけにも行かないので、その後も10分、20分と埋まってしまったWRを出そうともがいていましたが、もがいているうちに体力を使い果たしてしまい自分の電池が切れてしまいました・・・
ああ、WRをファイナルクロスで走らせてやることはできないのか・・・そう考えると無性に自分に腹が立ってきて半べそかきながらWRの上でへたり込んでいました。
それからどれぐらい経った頃だろう、もう何台のバイクが通り過ぎていったかも判らなくなっていた自分に声をかけてくれたBクラスの方がいたのです。
自分はテスト内で止まって助けてもらうわけにはいかないと思い、大丈夫ですと言おうと思ったところで(全然、大丈夫じゃないですが)、その方は自分のバイクを止めて埋まってしまった自分のWRを出すのを手伝ってくれました。
そして、「自分はもう良いから気にしないで。最後まで頑張って走って!」と言って走り去ってしまいました。
おかげで、自分は何とか60分のタイムアウトだけは免れ、目は虚ろで体もフラフラの状態でパドックへ帰ることができました。

パドックに戻る途中、木々の間から差し込む光が目を開けていられないほど、とてもまぶしかった。
自分はもう、他の人に助けてもらった時点で厳密な意味ではこのレースに失格しているのかもしれない、でもせっかくここまで来たのだから最後まで走ろう。そう考えていました。

当然、すでに30分近くも遅着しているのでパドックは素通りし、そのまま2周目へ。
2周目はCTがカットになり、だいぶ路面も乾いてきていたので、これまでの遅着した時間全てを足して計算し直した時間をオンタイムで順調に周回して普通に戻ってこれました。
そして、時間通りにプレフィニッシュ、フィニッシュを通過してWRをパルクフェルメに入れてとりあえず終了。


<ファイナルクロス編>
で、最後のファイナルクロスですが、ここでもやらかしてしまったので、それも含めてご報告。
f0126932_22374650.jpg

スタートはそれほど悪くなかったんですよ(言い訳)。
f0126932_2238165.jpg

第1コーナー
f0126932_22391128.jpg

だけど、コケちゃったんです。
もう、自分の馬鹿さ加減に涙が出てきます(笑)
f0126932_22393423.jpg

とはいえ、このままビリで帰ったらデコボコフレンズのみんなに何を言われるかわかったものではないので、もうやけくそで必死に頑張りました。
f0126932_22422725.jpg

誰が応援してくれているのかは判らなかったけれど、頑張れー!とか行けー!とか声をかけてくれて、ものすごく嬉しかったです。
f0126932_22432527.jpg

いきなりのビリから何台抜いたのかは覚えていないのですが、最後は3位?4位?ぐらいでゴールでした。
f0126932_22472051.jpg


とまあ、非常に失敗の多い2日目でしたが、自分がここで得たものもそれ以上にたくさんあったと思います。
何よりも会場でお世話になった皆様、それからスタッフの皆様、2日間どうもありがとうございました!

※走行写真は、RUNARUNA WORKSさんyasupa忍人さんdolphinさん楽さんからいただきました!ありがとうございます。
by naka1md30 | 2009-09-16 23:21 | 旅とツーリング | Comments(3)
Commented by ncc1701abcde at 2009-09-16 23:37
うぉ~!
後ろで私が見守ってる~~~。
【下から2番目の画像】
Commented by わこー at 2009-09-17 18:44 x
公式ブログに2日目のタイムペナルティキャンセルの経緯がアップされましたね。

自分は初日に、XT内で「がっつり」ハマってしまいました。。。
テスト内で(一瞬でも)途方に暮れたのは、自分だけじゃなかったんだ。
よかった。笑
Commented by naka1md30 at 2009-09-17 23:46
K島さん
なかなか臨場感のある写真で本当に面白いですね。
見守りありがとうございました!(笑)

わこーさん
遅くなりましたが、日高の2日間お疲れ様でした。
自分は人伝にしか聞いてないのですが、一昨年の夕張のお話なども聞くと、
今回のこの判断への理解も必要なのかなと思っています。
賛否両論はあるかと思いますが・・・
テストでハマると本当に凹みますよね。
一瞬ならまだしもがっつりとやってしまうと、肉体的、精神的共にダメージがデカイです。
何はともあれ、また次回のレース(Y2でしょうか?)よろしくお願いします!
<< 2009北海道の旅 その4 5... 2009北海道の旅 その2 H... >>