ジョニエル-G ~前日下見編~

群馬のbigmanさん達や神戸のにっしーさん達とも無事に合流して、まずはパドックを確保。
それから、みんなでコースの下見に行きました。

スタートしてすぐにだだっ広い斜面を直登するのですが、路面にはウッドチップがまかれていてとても走りやすそうな感じ・・・(が!実際に走るとかなり難しい。)
f0126932_033961.jpg

最初のゲレンデ区間を登りきって麓の方を振り返ると、スタート地点やパドックがとても遠くなってました。
先を見れば、コースはまだまだ上まで続いているし、こんなにひたすら登るコースは今まで走ったことがないものだから、走る前から段々と不安になってきてしまった。
f0126932_036459.jpg

うーん、バイクだと何事もなく下れる場所でも、自分の足で歩いてみると結構難儀するもんですね。
f0126932_0401011.jpg

真ん中よりの上部に行くと段々と路面に石が増えてきて、エンストしたり、失速したりすると難儀しそうな場所が多くなってきます。
f0126932_0414576.jpg

f0126932_0461979.jpg

さらに進んで、コース最奥地点で折り返して少し下った所にはウッズ区間がありました。
東北系のレースみたいに木と木の間に挟まるほど木が密集しているわけではないものの、路面に生えた笹の下には倒木やら木の根がいっぱいあって、ライン選びがとっても難しい。
もう、どこを走ったら良いか訳がわからん・・・
f0126932_047352.jpg

そして、終盤にでてくるロックンロールリバーの上流部。
山に行くと良く見かける枯れ沢ではありますが、普段は好き好んで走るような場所ではないですねー
f0126932_0514415.jpg

さすがに上流部のガレまくりのこの区間だけはFunGPでカットするとのことでした。
f0126932_054107.jpg

コースの下見を終えてパドックに帰ってくると、まだ白く雪が残った爺ヶ岳がお出迎えしてくれました。
うーん、今度こそ三度目の正直でレース中に雨だけは降らずに晴れてほしいと願いつつ、北アルプスの日は暮れていったのでした。
f0126932_0571147.jpg


~つづく~
by naka1md30 | 2009-06-17 01:09 | バイクの話 | Comments(0)
<< てーねんぴ ハイエースで巡る甲信の旅(JN... >>